ヒトはなぜ老いるのか?

 現代の科学では、「老い」のメカニズムを2つの解釈によって説明しようとしています

 1つは「プログラム説」ですこれは生命の誕生から成長、成熟、老化、死に至るまで、すべての段階はあらかじめ遺伝子に組み込まれているとする説です

「ヘイフリックの限界」といって、細胞には分裂する回数に限界があり、現在ではその原因は「テロメア」にあると考えられています。「テロメア」は遺伝子の端っこに存在するDNA配列で、あらゆる生物に存在しています。「テロメア」は細胞分裂を繰り返すごとに短くなることが分かっており、それ以上短くなれなくなると細胞が分裂を停止し、死に至るわけです

哺乳類の寿命は、この「テロメア」の影響により、成熟にかかる年数の5~6倍とされています。ヒトの場合、18歳で成熟するとすれば、寿命は90歳~108歳となります。運良く病気にならなければ、これぐらいの年齢までは生きられるように、遺伝子にプログラムされているということです

もう1つのメカニズムは「障害蓄積説」ですいろいろな原因による障害が蓄積された結果、老化が起こり、死に至るという説です

【関連する記事】