バレンタインチョコ義理→1377円以下

インターネット調査会社の株式会社マクロミルが行ったアンケート調査によると、働く女性が「本命チョコ」にかける予算の平均は2,074円であるのに対し、「義理チョコ」の予算の平均は1,377円という結果が。好きなあの子にもらったチョコが本命だと思って浮かれていたら実は義理だった、という悲劇が起きるかも知れません。

◆81%の女性がチョコを贈る予定あり
マクロミルが実施した「~働く男女1,000人に聞く~バレンタイン実態調査2015」によると、20~49歳の働く女性のうち、バレンタインデーのチョコレートを購入する予定が「ある」と応えた人は81%で、その合計予算額は平均「4,986円」という結果が出ましたこれは2年前よりも831円アップした額だそう。景気が悪い、消費が鈍いと言われている昨今ですが、バレンタインデーに関してはかなり熱くなっているようです

◆一番予算を割くのは「仕事関連の義理」
続いて、チョコをあげる相手ごとの予算(一人あたり)を尋ねたところ、下記のような結果に。のデータを順にした場合、もらったチョコが1,377円以下の場合、義理チョコの可能性があると言えるかもしれません。あくまで平均額なので一概には言えませんが。
本命:平均2,074円

家族(ファミチョコ):平均1,536円

女友達(友チョコ):平均1,514円

男友達への義理:平均1,377円

仕事関連の義理:平均2,499円

自分へのご褒美:平均2,303円

◆もはやチョコはビジネスツール?
しかも、よく見ると予算が一番大きいのは「仕事関連の義理」で、次が「自分へのご褒美」、「本命」は3位となっており、本命だからといって決して最大の予算をかけてもらえるわけではないことがわかります。自分へのご褒美よりも仕事関連に予算を割くあたりは、バレンタインのチョコをビジネスツールと考える女性が増えているとも考えられます。ビジネスツールだとすれば、不景気なご時勢だからこそお金をかける、という論理なのかもしれません。そう考えると、なんともシビアですね。

参考 Mocosuku編集部 2015.01.27

【関連する記事】