バブル崩壊で鎮火できない中国延焼の韓国

中国株バブルが崩壊した株安が共産党の支配体制を揺さぶりかねないと、当局は株式相場の下支えに必死だが、市場の流れには抗しきれない今や中国経済の失速がグローバルに及ぼす衝撃波に身構える段階に来ている

これは上海市場の天安門事件なのだろうか」。市場関係者がヒソヒソ声でささやき合っている。証券監督管理委員会(証監会)など当局が連日、「悪意ある空売り」を取り締まっているからだ対象となった米ヘッジファンドのシタデルは、米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ前議長が顧問を務める、米国の有力ヘッジファンドだ

「悪意」があるかどうかを認定するのは、中国当局にほかならない当初は効果を挙げ、株式市場が小康を取り戻したかに見えたが、7月27日の月曜日、上海市場は前営業日比8.48%の下落幅を記録。「上海版ブラックマンデー」というべき売りの奔流に押し流された中国人民銀行は8月11日に人民元切り下げを抜き打ちで始めたが、8月24日に再び8.49%下落翌25日も7.63%下げた24日は月曜日で、世界主要市場の株安に波及したことから、「中国版ブラックマンデー」に格上げ形容されている6月12日に5100ポイント台を記録していた上海総合指数は3000ポイント付近をうろついている。2カ月半で4割下落した格好だ

中国株の売り圧力がなぜ衰えないのか理由はハッキリしている割高だからだ香港と中国本土に二重上場している企業の株価を見ても、中国本土はピークで5割足元でも3割程度割高となっているではなぜ割高なのかというと、当の共産党自身が今年春先にかけて、株高を煽っていたからだ6月12日の高値5100台は、1年前に比べれば約2.5倍の水準である

今回の中国株バブルが深刻なのは、習近平政権が進めようとしていた「新常態(ニューノーマル)」政策が、根っこから揺らいでいることにある投資と外需を原動力にした10%の二桁成長は、環境破壊や格差拡大という副作用を考えると、もう継続できない消費と内需主導の7%程度の安定成長に、中国経済を軟着陸させる必要がある。その政策指針は決して間違ってはいない。

問題は習政権が「新常態」に向けて舵を切ったとたん、中国経済が予想以上のピッチで失速してしまったことだろう。背景には、習政権が鳴り物入りで進めた「反腐敗キャンペーン」が、消費を萎縮させてしまったことがある

例えばマカオのカジノの営業収入は、今年上期には前年同期比で4割近く落ち込んだ自動車販売も、日本車に比べて売れていたフォルクスワーゲンや現代自動車の現地販売が急減余りの惨状から、現代自は7月から月次の現地販売実績の公表を取りやめたほどだ。事態はどんどん悪化しているというのが、現地の実感といってよい

そもそも、春先に当局が株高を煽ったのも、景気失速を懸念していたからにほかならない株高による資産効果で消費を刺激して、経済を軟着陸させようとしたのだところが、肝心の株バブルが崩壊したことにより、保有株の値下がり損で自己破産する投資家が相次いでいる皮肉にも株安による逆資産効果が、消費にブレーキをかけつつあるのだ

 日米欧の中央銀行が行ったように、中国人民銀行(中央銀行)も政策金利を下げてマネーサプライ(通貨供給量)を増加させようとしている一時はブレーキをかけた公共事業の執行も、急いでいる。ところが、現実には空回りしている背景には、すでに借金の山が積み上がっていることがある

2008年のリーマン・ショックを中国は見事に乗り切ったとされた。4兆元にのぼる景気対策によって、大々的なインフラ投資や設備増強を行って、10年には国内総生産(GDP)で日本を抜き、世界第二位の経済大国の座を手にしたのだしかしその引き換えに、中国全体の債務がそれまでの約4倍に膨れ上がってしまったのだ

米コンサルティング会社のマッキンゼーによれば債務の主体は企業や金融機関である中国の場合、純粋な民間部門ではなく、国有企業や政府系金融機関が大きなウエートを占めている4兆元対策の投資先は採算の覚束ないインフラ事業や過剰設備である公共事業のメインプレーヤーである国有企業、金融機関はこの期に及んで、さらに債務を積み上げてまで利益の上がらない投資を行うことには、二の足を踏むだろう

既視感を覚えないだろうか。そう、90年にバブルが崩壊した後の日本である。成長モデルを見いだせないまま、採算度外視で公共投資による一時しのぎの経済対策を続けた結果、今日のような借金の山を積み上げてしまった

中国の場合も「国進民退」と呼ばれる国有企業優位の構造にメスを入れて、民間主導の経済に舵を切らなければいけないのに、実際には株価対策でみられるような当局による強権的な介入がまかり通っている後から振り返れば、今年6月に始まった中国株バブルの崩壊は、そうした中国経済変調の屈折点として記憶されるに違いない

もっとも、中国を見る世界の眼差しは、そうした根っこにある問題からはほど遠い中国がこのタイミングでこけたら、世界経済も巻き添えを食ってしまう。そんな懸念から、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事ら、国際金融界の大立者(おおだてもの)は、当局による市場介入に対し大目に見ているまずは火事を止めてほしい、というわけだ

中国が今すぐ頼れるのは外需だ。実際、輸出は対前年比プラスに回復しつつある。が、注目すべきは輸入だ昨年11月から対前年比マイナスが続いておりいかに中国の内需と産業活動が不活発かを示している

隣家延焼の恐れに、お隣の韓国はすでにパニック状態となっている韓国のGDPの輸出依存度は5割を超え、しかも輸出の25%強は中国向けで、その比率は米国の2倍日本や米国がブレーキを踏むのを尻目に、ここ数年は企業の対中直接投資を目いっぱい増やしてきたその中国シフトが今や完全に裏目に出たのだ韓国政府が9月1日に発表した8月の貿易統計によると、輸出は前年同月比14.7%減で、09年以来で最大の下げ幅となった

もし中国株バブルの崩壊が不動産やシャドーバンキング(銀行を経由しない金融機能)に及べば韓国経済はもたない韓国のメディアは連日、そんな金切り声を上げる。日本としてはすでに変調を来している韓国経済が失速した場合の、とばっちりには十分備えておく必要があるだろう

韓国ほどではないが影響が大きそうなのは、自動車を中心に中国シフトのアクセルを踏んでいたドイツである日本がバッシングを被っているのを尻目に、ドイツ企業はメルケル首相のトップセールスもあり、中国市場で着実に地歩を固めてきたドイツが巧みなのはブランド力を売り物に、伸び盛りで付加価値の高い分野でシェアを高めてきたことだ

 トヨタ自動車を抜いて今年上期に全世界の販売台数が世界トップになった、フォルクスワーゲンはその典型である同社の販売高の実に4割は中国市場。皮肉にも、その路線は今まさに逆風に見舞われようとしている

日本企業は尖閣摩擦以降、中国市場で韓国やドイツ企業のようにふるまうことができなかった。それが、結果として傷口の拡大を防いだと言える。とはいえ中国が世界同時不況を誘発してしまうような事態は、日本にとっても大きな打撃となるしばらくは、中国株と中国経済から、目が離せない

参考 wedge 2015.09.24

 

【関連する記事】