ハウステンボス→急失速の兆候

2月19日の東京株式市場で、エイチ・アイ・エス(HIS)の株価が一時前日比10%安と急落した連結利益の半分近くを稼ぐ子会社のハウステンボスが、2015年10~12月期決算で入場者が減少し、経常減益になったことが原因だ。「安定的に利益を上げてきたテーマパークが失速したら、業績に大きく影響する」と投資家が警戒し始めたということだ。

だが、関係者の反応は少し違った。テーマパーク・ハウステンボス(HTB)がHISの大黒柱に育つと予想できた人は少ないのではないだろうか。

HISは10年、HTBを運営するハウステンボスを傘下に収めた。当時HTBは死に体同然だったため、HISのお荷物になるとの見方が多かった。ところが軌道に乗り、HISの屋台骨を支えるまでになった。

●澤田秀雄氏が再生の立役者

HIS創業者の澤田秀雄氏がHTB再生の立役者である。HTB内に居住して、陣頭指揮を執った「花の王国」「光の王国」「ゲームの王国」「音楽とショーの王国」「健康と美の王国」と、毎年変わる王国シリーズで集客に努めた春、夏、秋、冬のシーズンごとにつくり出す、世界最大級といわれる1100万のイルミネーションが評判になった

ほかにも、話題づくりには知恵を絞っている。15年7月には、ロボットが接客するホテル「変なホテル」を開業した

HTBの15年9月期決算(単独)の入場数は前期比11%増の310万人。このうち海外からの観光客は15%増の25万人。宿泊者数は10%増の33万人。売上高に当たる取扱高は13%増の297億円、営業利益は21%増の89億円、純利益は16%増の60億円を上げた。

HTBは、オリエンタルランドが運営する東京ディズニーリゾート、ユー・エス・ジェイが運営するユニバーサル・スタジオ・ジャパンという“東西の雄”に次ぐ第三極のテーマパークとして復活した

HTBの15年10~12月期(同)の取扱高は、前年同期比2%減の78億円、経常利益は6%減の27億円だった。株式市場で注目されたのは入場者数が81万人と3%減った点だ。9月の大型連休の反動が出たほか、前年同期にあった大型団体旅行がなかったことが影響した。

 HTBの入場者の9割以上は日本人が占めているため、訪日外国人の動向はさほど関係がない。入場者の減少がストレートにテーマパーク事業の成長の鈍化の兆しと受け止められたわけだ。

●無人島を取得

 HTBの入場者減は親会社のHISの業績に影を落とした。HISの15年11月~16年1月期の連結決算の売上高は4%減の1241億円、純利益は29%減の19億円だった

主力の海外旅行では円高が進み為替差損を3億円計上したことに加え、原油安を受けて燃油サーチャージ収入が減った。海外事業は売上高が前年同期比4%減の1083億円、営業利益は6%増の25億円。一方、ハウステンボスグループ6社の売上高は0.2%減の84億円、営業利益は9%減の25億円だった。

テーマパーク事業は本業である海外旅行事業と肩を並べるまでになった。お荷物どころかドル箱になった。しかし、収益力が鈍化しているのは事実だ

澤田氏は集客力を高めるために、どんな仕掛けを考えているのだろうか。ハウステンボスは1月、HTBから南西約6キロにある無人島、長島を取得した。具体的な事業計画はこれからだが、ほかの無人島を買うことも検討している。複数の無人島を船で結びリゾート基地にするアイデアを温めている

ハウステンボスの16年10月期(通期)の連結業績予想は従来見通しを据え置いた。売上高は前期比10%増の5900億円、純利益は13%増の123億円を計画している。

それにしても、HTBの入場者数がHISの株価を左右するほどに成長するとは、HISにとって嬉しい誤算だったのではないか
(文=編集部)

Business Journal 2016.03.28

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】