ハイパーループ→ドイツ・仏鉄道提携

ハイパーループの実現に取り組むハイパーループ・ワン社(旧名称:ハイパーループ・テクノロジーズ)は、ハイパーループの初のデモ走行を5月11日(現地時間)に実施した

デモ走行に先がけLAに本拠を置く同社は5月10日、8000万ドル(約87億円)のシリーズBラウンド資金調達を発表した。出資元には新たに137ベンチャーズやコースラ・ベンチャーズ、ファースト・デジタル、ウエスタンテクノロジー・インベストメント、フランス国鉄、GEベンチャーズが加わった。

フランス国鉄、ドイツ鉄道との提携も発表

ラスベガスで開催されたイベントで同社は、エンジニアリングや運輸業界を代表する企業との提携も発表した。エイコムや Amberg Group、アラップ、Bjarke Ingels Group、ドイツ鉄道、KPMG、Systraといった企業だ。

エンジニアリング企業、エイコムはハイパーループがロングビーチ港やロサンゼルス港の輸送能力の改善にどの程度役立つかを見きわめる(ハイパーループ・ワン社は旅客だけでなく貨物の輸送も念頭に置いている)。また、英コンサルティング企業、アラップはハイパーループがロンドンとバーミンガムを地下で接続する可能性を探っている。

ハイパーループは現代の長距離移動に関わる数多くの問題を解決する可能性を秘めています」と、アラップ社会長のグレゴリー・ホドキンソンは声明で述べた。

ハイパーループ・ワンのロブ・ロイドCEOは「ハイパーループはインターネットの出現が社会に与えたのと同様のインパクトをもたらします」と興奮気味に述べた。ロイドはシスコで17年間、上級取締役として勤務した後、昨年9月にハイパーループ・ワンに参加した。彼はシスコの元CEO、ジョン・チェンバーズの後継者と見られたが、そのポジションをチャック・ロビンスに譲っていた。

ハイパーループ・ワンの共同創業者には著名投資家のShervin Pishevarや元スペースXのトップエンジニア、Brogan BamBroganらが名を連ねている。イベントでは彼らがステージ上で創業当初を振り返る場面もあった。同社の設立は2013年8月、イーロン・マスクが58ページに及ぶ、ハイパーループの構想案を公開した直後だった。

社員150名が取り組む「第5の移動手段」

真空チューブ内のカプセルが、人々を音速に近い速度で移動させる――マスクはこの仕組を第5世代の移動と呼んだつまり、ボートや列車、自動車、そして航空機に次ぐ移動手段という意味だ。そして、マスクは「この移動手段は航空機と同程度の速度で、どんな列車よりも安価で、二酸化炭素汚染を全く起こさないものになる」と述べた。

社員150名が取り組む「第5の移動手段」

しかし、マスク自身はテスラやスペースXの取り組みで忙しく、このアイデアをオープンソース化することにした。その後、ウーバーの初期の出資者として知られるPishevarが真っ先に参加を表明。BamBroganがその直後に加わった。彼はスペースXプロジェクトにおいて、ファルコン1ロケットの第2エンジンのデザインを終えたばかりだった。その後、ハイパーループ・ワンは従業員150名の規模に成長を遂げている

ハイパーループの実現を目指す企業はハイパーループ・ワン社のみではない。競合には同じくLAが本拠のハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)がある。HTTにはボランティアスタッフ200名が参加し、ビジネス面の整備や走行ルートの設定、デザインやエンジニアリング等、様々な領域のプロジェクトにあたっている

5月9日、HTTは同社のテクノロジーが、従来の高速列車輸送を上回る、安全性と低コスト性を備えたものであると宣言した。HTTが採用する受動磁気浮上システムはローレンス・リバモア国立研究所のリチャード・ポスト博士により開発され、走行軌道沿いの電源設備を必要としない事を特徴としている

Forbes JAPAN2016.05.12

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】