ノーベル賞医学生理学賞→大村 智ら3名

スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、今年のノーベル医学生理学賞を大村智・北里大特別栄誉教授(80)ら3人に授与すると発表した。大村氏の授賞理由は「寄生虫によって起こる感染症の治療法の発見」。

日本からの受賞は、昨年の赤崎勇、天野浩、中村修二=米国籍=の3氏(いずれも物理学賞)に続き2年連続。米国籍の中村氏、南部陽一郎氏(2008年物理学賞)を含め23人となる。

授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金800万スウェーデンクローナ(約1億1500万円)が贈られる

参考 毎日新聞 2015.10.05

【関連する記事】