ネアンダール人→絶滅は人類の病気のせい?

約4万年前にネアンデルタール人が絶滅したのは、アフリカ大陸から移住してきた人類がもたらした熱帯性疾患が原因だった可能性があると、英ケンブリッジ大学の研究者らが自然人類学の学会誌で報告した

論文の筆頭著者である同大学のシャーロット・ホルドクラフト氏は「アフリカ大陸から移住してきた人類は多くの熱帯性疾患を抱えていた」と指摘ユーラシア大陸に住んでいたネアンデルタール人がアフリカから持ち込まれた新しい病原菌にさらされ、壊滅的な影響を受けた可能性があると述べた

ケンブリッジ大と英オックスフォード・ブルックス大学の研究者は古代の骨から採取されたDNAや病原体ゲノムを解析感染病の一部は従来考えられていたよりも数千年単位で前から存在していたと可能性があるとの結論を下した

これまでに、人類がアフリカを出る前に他のヒト族からウイルス感染を受けていた証拠や、人類がネアンデルタール人と交わり病気関連の遺伝子の交配があったことを示す証拠が見つかっている。研究者は、人類が欧州に移住した際にネアンデルタール人に病気を伝染させたとみるのが妥当と主張している

ホルドクラフト氏によると、ネアンデルタール人との交配の結果、人間はネアンデルタール人のDNAの2~5%を持っていることが分かっている交配により病気も交換したと想定するのが妥当だという。今回の研究によると、人間からネアンデルタール人に伝わった感染病として可能性があるのは、条虫感染、結核、胃潰瘍(かいよう)、ヘルペスなど

ホルドクラフト氏によると、ネアンデルタール人絶滅の理由をめぐっては、気候変動や人間の認識能力の優越性、食物をめぐる人間との競争、人間との直接抗争などの説がある。同氏は、絶滅の背景には複数の要因が絡んでいて、感染病の伝染はその要因のうちの1つである可能性も示唆した

CNN.co.jp2016.01.17

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】