ニホンウナギ→昼間は深場、日没で浮上

ニホンウナギは太陽や月の光を感知して、夜は深海でも比較的浅い場所を泳ぎ、昼は比較的深い場所に移動していることが、水産総合研究センターなどのチームの研究で分かったこれらの行動パターンから泳ぐ場所が推定できるため、これまで謎だった産卵場への回遊ルートの解明につながるという。15日付の米科学誌プロスワンに掲載される。

ニホンウナギは、国内の川や湖などで成長した後、海を数千キロ移動し外洋で産卵することが分かっている。

チームは2010年親ウナギの産卵場である太平洋のマリアナ海溝付近で、12年には日本近海で、超音波発信器を取り付けた天然ウナギ計11匹と養殖ウナギ計5匹を放流し、漁業調査船で追跡した発信器を通して、ウナギが泳ぐ場所の水深や水温などのデータを収集船上では、太陽光の照度を観測し、ウナギが泳ぐ深さとの関係を詳しく調べた

その結果、天然ウナギは日の出約1時間前に深く潜り始め、昼間は水深500~800メートルの深海で泳ぎ太陽の照度が高いほど深い場所で遊泳していたその後、日没とともに浮上を始め、水深150~300メートルの比較的浅い場所で泳いでいた。養殖ウナギにはこうした行動はみられなかった。昼は外敵を避けるために深く潜るが、深い場所は水温が冷たいため、夜は比較的温かい浅い層で泳ぐと考えられるという

今回分かった行動パターンから、ウナギが泳ぐ場所の日の出や日の入りの時刻を把握し、それを基に緯度や経度を計算ウナギの位置を推計したところ、実際に追跡した場所とほぼ一致した。チームの張成年・中央水産研究所主幹研究員は「深い海でも光を感じる高感度なセンサーを目に備えていると考えられる泳ぐ深さのデータをもっと多く集めれば、回遊ルートを把握できる可能性がある」と期待する

参考 毎日新聞 2015.04.16

【関連する記事】