ディーゼルから電気自動車へ→VW

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は13日、排ガス不正問題を受け、経営戦略を見直すと発表した

グループ全体の販売台数の約6割を占めるVW乗用車部門への投資額を、毎年10億ユーロ(約1360億円)ずつ減らすブランド間の部品の共通化などを通して、固定費削減に取り組み、利益率の向上を目指す

一方、これまで注力してきたディーゼル車の開発方針を転換し、電気自動車への移行を図る。2016年末ごろに投入見込みの最上級車「フェートン」の新型モデルは電気自動車のみとする

VWは声明で「ディーゼル戦略を見直す」と強調した欧州と北米市場において、ディーゼル車に取り付ける排ガス抑制装置は尿素を使った仕組みに切り替えていく方針を示した

参考 読売新聞 2015.10.13

【関連する記事】