タイで沸騰!→日本の旅番組が超人気

2013年に観光ビザが不要になって以降、日本を訪れるタイ人観光客が急増している。宿泊数は右肩上がりで、インバウンドによる消費も注目されている。

【詳細画像または表】

日本への旅行が流行し、意外な観光地までがタイ人に人気な理由。それはあるテレビ番組の影響が大きい。日本を取り上げる旅番組『すごいジャパン』だ

番組の制作段階から関わり、そのナビゲーターを務めるのが俳優の佐野ひろさん。いまやタイで知らない人はいないといっても過言ではない、超有名人だ。その佐野さんに、現在に至るまでの道のりと、タイ人観光客を日本にもっと呼び込むためのヒントなどについて聞いた。

■ 旅番組ナビゲーターを引き受けた理由

高校卒業後、演劇の専門学校に通い、舞台を中心に活躍していた佐野ひろさん。彼が初めてタイに来たのは、21歳のときだった

「当時、俳優のいしだ壱成さんが『タイは、若いうちに行け』というタイ航空のCMをやっていて。なぜか、とても印象に残って、若いうちに行かなくちゃ、と。バンコクはもちろん、ダイビングで有名なタオ島にもしばらく滞在したりして、タイで暮らす知人や友人も増えました

その後、一度は日本に帰国した佐野さんだが、タイ滞在中に出会った友人から誘われて、25歳のときにバンコクに生活の拠点を移すことを決める。最初からCMの仕事が3本あり、舞台や映画など順調に活躍の場を増やしていったという

仕事の多くは、日本人の役を演じること。日本軍の兵士や、サムライ、日本のサラリーマンなど、俳優の仕事をしていく中で、気づいたことがあった。

タイ人は日本が好きで憧れもあるのですが、きちんと理解されていない部分も多かった。サムライを演じているのに刀が中国の刀になっていたり、空手の先生をやってくれと言われて手渡されたのが、テコンドーのユニフォームだったり。俳優の仕事をしている時から、日本文化を正しく伝えたいという気持ちは常にどこかにありました

タイのテレビプロデューサーから、日本を紹介する旅番組をやってみないかと打診されたとき、すぐに引き受けたのは、この気持ちがあったから。タイトルは途中で変わったものの、日本を旅しながら紹介していく番組を続けて、まもなく10年になる

タイでは有名でも、日本では全く無名の番組。最初は、日本の寺社などからも断られたというが、今は自治体などからの売り込みも多く、状況は一変タイ人観光客が増え、タイ国内で有名な番組であると認知されるまでは、苦労も多かったという

「タイのテレビ番組で…と伝えて、台湾ですか? と聞かれなくなったのは、ここ最近ですよ」と笑う佐野さん。彼が制作する旅番組がタイ人の心をつかんで離さないのには、理由がある。

■ 語学を本格的に勉強したのは25歳から

多くのタイ人ファンがいる『すごいジャパン』の番組内容は、日本国内にいてもYouTubeの公式サイトから見ることができる。 番組では、佐野さんが軽快なトークを交えながら、その土地のことを紹介していくのだが、見事に日本語とタイ語を使い分けながらリポートしていく彼がここまでタイ人に受け入れられているのは、日本人でありながら自然なタイ語を流暢に話す、ということがひとつめの理由だ

端正な顔立ちで一見、日本人とタイ人のハーフかと思う人もいるかもしれないが、彼の両親ともに日本人。タイ語を本格的に勉強し始めたのは、25歳のときだという。いったいどうやってタイ語を習得したのだろうか。

来たばかりの時は、英語と片言のタイ語でコミュニケーションを取っていたという佐野さん。だが、監督が話す早口のタイ語も聞き取れないと仕事にならないと痛感し、一念発起して勉強することにした。最も意識したのは、多くのタイ人が話す、自然な言葉を身につけるという点だ

「語学学校にも通いましたが、そこで教わるのは教科書に登場する綺麗なタイ語。文法的には間違いのない文章ですが、やはり町の人が話す自然なタイ語ではないんです。そこで、タクシーに乗って、運転手とひたすら話す…という方法をとりました」

渋滞がひどいけれど、タクシー運賃はとても安いバンコクでは、1時間ほど乗って、たくさんしゃべっても日本円で500円しない安い語学学校だと思って、タクシーの運転手とひたすら話すことを続けたという

あと、市場で話し掛けることもしていました。どんなときに話し掛けても喜んで話してくれる、タイだからこその習得法ですが、自然なタイ語を身につけるためには、とても効果的でした。日本だったら、仕事中に話しかけて来ないで、あなたと話す時間はありません、と言われてしまいそうですが(笑)」

■ タイ人は何を知りたがっているのか?

日本語はもちろん、タイ語も流暢に操る佐野さんは、番組内でもひたすらリポートしていく。食リポと呼ばれる、料理を食べて、その味や特徴を伝えるリポートはもちろん、時には日本でもあまり知られていないような場所や文化も、タイ人に分かりやすく、語りかけるように説明していくのだ。

「例えば、タイ人は鮨だけでなくワサビも大好きなのですが、なぜ日本人がワサビを食べるかということも説明します殺菌作用があったり、生魚の臭みを取ることができたり、日本人がすることには一つひとつ理由があるのだと伝えた方が興味を持ってくれるへぇ、すごい! と驚いてもらうトリビアを散りばめておくんです」

ダウンロード (14)

リポートする内容は、タイ人が何に惹かれるか、どんなことを知りたいかを考えながら、決めていく。ときにはバラエティ番組のような、笑いも入れながら。

タイ人に受け入れられる、もうひとつの理由。それは、タイ人の好みや気質を知り尽くしているからこその番組構成と、アピールする際の言葉の選び方だ

日本とタイの文化は違うので自分はその中間のところにいることを心掛けています。日本側に寄っても、タイ側に寄ってもよくないので、真ん中にいないといけない。とにかく、タイ人に響かないと興味を持ってもらえません

日本にはよいところがたくさんありますが、日本ってこんなにすごい、タイももっとこうした方がいいのでは? という「上から」な印象になってはいけないんです。そうなると、タイ人もよい気持ちはしないし、見てくれない。日本って素晴らしいところだけれど、凝りすぎていたり、ちょっと変なところもある。そのことを、タイ人が興味を惹くように伝えていくすべて、バランスが大切なんです

日本側が伝えたいこと、知ってもらいたいこととタイ人が知りたいことが同じとは限らない。タイ人観光客を呼び込みたい観光業や自治体のスタッフと、意見が食い違うこともあるが、違うと思った時にはハッキリ別の提案をするという

紹介する地域、観光スポット、食事のメニュー、その撮り方などは、タイ人スタッフと相談しながら決めていくここでタイ人の感覚を取り入れていることも大きいのかもしれない

佐野さんが年末に日本で取材をしたという最新作は、東京・箱根をめぐる“鉄道の旅”成田空港から入って、東京観光をしながら箱根の温泉まで行くというルートで、京成電鉄、東京メトロ、小田急電鉄と鉄道3社が合同で協力しているという

電車で旅をする個人旅行者に向けた企画だ外国人旅行者向けのレイルパスはJRがメイン。それに追随する私鉄もアピールしたいところなのだろう

■ インバウンドを考えたホームページが足りない!

インバウンド需要がある今、波に乗りたい日本の観光地は少なくない。いったいどうすれば、タイ人旅行客に来てもらえるのだろうか。

今、日本に足りていないと感じるものは、外国人観光客向けのホームページです。英語のページは増えてきているのですが、来月○○という祭りがあります、というような更新記事が1カ月前に出ていたりする。

外国人観光客はもっと前から日本旅行の日程を決めているので、直前にアップされたところで対応できません。官民を問わず、まだまだ国内向けに情報を出している印象がありますね

ただ、中途採用でタイ語を話せる公務員も出てきているし、力を入れている自治体は結果も出ています。アピール次第で、もっと観光客が急増する場所はまだあると思います

第一の母国は日本、そして第二の母国はタイだと言い切る佐野さんが目指すもの。それは、旅行のレベルを超えて、両国が文化交流していくこと

それがご自身の使命だと思っていますか? と尋ねると、控えめな答えが返ってきた。

使命感なんて大げさなものではなくて、自分が今やるべき仕事なのかなって思っていますせっかくタイ人が日本の文化を知りたがってくれているならば、自分が正しく伝えていこう、と。文化交流の最初のきっかけは、いつの時代も旅だと思うんです。だからこそ、もっと多くのタイ人に日本に来てもらいたいですね

両国の架け橋となる旅番組『すごいジャパン』。ナビゲーターの佐野さんが2016年に取り上げたい地域は、中国・山陰地方と東北地方。そして、タイ人の間でブームになりつつある、日本の温泉だという

佐野さんの後をタイ人観光客が追いかけていく、そんな展開が今後も続いていくのかもしれない。 藤村 美里

参考 東洋経済オンライン 2016.01.20

 EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】