タイ→深刻な干ばつ

台湾・中央社によるとバンコク水利局は干ばつの影響で水資源が枯渇し、バンコク市内の水道水は1カ月以内に利用できなくなるとの見解を示した。7日付で中国新聞網が伝えた。

10数年ぶりの深刻な干ばつに見舞われたタイでは、当局が農業用水と飲料水の確保に全力を注ぎ、昨年10月以降は農民に水稲栽培の中止を呼び掛けるなど手を尽くしたものの、3大ダムはついに危険水位に突入した。

バンコク水利局局長は「3大ダムの正常な貯水量は80億立方メートルだが、昨年11月には50億立方メートルとなり、現在は6億6000万立方メートルしか残っていない」とし「このまま雨が降らなければ、ダムの水はあと30日しかもたない」と語った

参考 FOCUS ASIA.COM 2015.07.07

 

【関連する記事】