ソウルに住む外国人増加→72%中国系

韓国・聯合ニュースによると、ソウルに住んでいる外国人数は約27万人で、そのうち72.3%が中国系であることが分かった

ソウル研究院は同日、インフォグラフィックス「ソウルの外国人数、どれほど増えた?」を発表。今年3月まで、法務部に登録されたソウルの外国人は26万8000人で、2000年末に比べ5.4倍も増えた全体の72.3%を中国系が占め、米国(3.5%)台湾(3.3%)日本(3.1%)が続いた

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

韓国には中国人が多くて、日本には韓国人が多い(笑)。韓国人が中国人を嫌がるように、日本人は韓国人を嫌がっているのだろう

人口減少が進み、大韓民国という国籍がなくなってしまいそうで怖い

ここは中国か?と錯覚してしまうくらい、最近のソウルには中国人が多い

日本人やヨーロッパ人ならいくら増えてもいいんだけど…

「韓国は中国人のための国。朴大統領は中国人のために政治をしている

これからは、就職するために中国人とも戦わないといけないのか…

「韓国がどんどん中国化している。日本への移民を準備しないと!

参考 Record China 2015.05.20

 

【関連する記事】