セックスレス回避→夫婦平等感じさせない

「つう」と言えば「かあ」と同様に、「夫婦」といえば「セックスレス」残念ながらそれくらい、「普通」になってしまった。この状況を変えるには――。

恋愛や性をテーマに数多くのノンフィクションを執筆するライターの亀山早苗氏によれば、ここ数年のセックスレス夫婦に多く見られるのは、セックスはしていないけれど夫婦仲はいい、「友達夫婦」だという。背景には言うまでもなく、女性の社会進出が進み、夫と妻の役割や立場が対等になったことが挙げられるだろう

友達夫婦に見られるセックスレスのパターンは(1) 社会に出てさまざまな男性を見ることで、相対的に夫を男性とは見られなくなる2) 共働きで家事・育児をこなすことで、互いに同志としてしか見られなくなるの二つ。つまり、ただの「家の人」になってしまったり、生活するうえでの同志という意識が強くなりすぎて、いわゆる「生活」とは離れたところで生まれる男女の性愛が生まれなくなってしまったり

結局、セックスからは遠ざかってしまうんです」(亀山氏)

 仲は悪くないが、性欲は湧かないそれで互いが満足なら円満夫婦と言えるだろうが、どちらかが不満を持つと、友達夫婦にも危機が訪れる

セックスレス5年という会社員女性(37)は、セックスレスが原因で離婚も考えるようになったと話す

6年半前の結婚当初から、家事も経済的負担も平等にしてきたいつの間にかセックスがなくなって、夫(41)を誘っても「疲れている」と断られてしまうようになっていた。こっちだって疲れてはいる。だけど、したい。

夫はもう私に性欲を向けてくれない。今は、自分が女性として終わってしまったのか、という不安でいっぱいです子どもがいないうちに離婚したほうがいいのではと考えています

セックス以外は、周囲もうらやむような仲良しだ。

「一緒に飲みに行くこともあって、楽しく会話はするんです。でも、そんなときに周りから、『お子さんは?』と聞かれたり、『週に何回?』と冷やかされたりすると、気まずい空気になりますね

帰宅後にそれとなく誘っても、夫は無言で布団に入り、妻に背を向けて寝たふりをする

「生活自体に不満はない。ぜいたくを言ってはいけないのかもしれないですけど……」

もはや、夫だけが働いて妻は家で家事と子育てをする、という時代に戻ることはできない

セックスレスは、避けられないことなのか

数多くの男女からセックスレスの相談を受けてきた「恋人・夫婦仲相談所」所長の二松まゆみ氏は言う。

夫が『妻だけED』になるのを防ぐには、『夫婦は平等』という感覚を、あえて夫には持たせないことでしょう妻はそう思っていてもいいですが、表に出さずに夫をコントロールして家事や育児をさせること。そうすることで、自分の負担や不満も軽減しますから」

妻たるもの、したたかであるべし、ということだ

亀山氏は、「不倫を勧めるわけではないですが」と断ったうえで、結婚についての「固定観念」の打破を提案する。「価値観の多様化が進む中、結婚という制度についての考え方は変化していません性の対象は必ず妻か夫でなければいけないと考えることが、男女を苦しめているという見方もできると思います

生活や人生を共に乗り越えるパートナーと性愛の対象となるパートナー。二つの役割を1人の相手が果たすものが結婚だという前提を、見直す時期にきているのだろうか

参考 AERA 2015年10月19日号より抜粋

【関連する記事】