セックスレスライン→週49時間以上働く人

一般社団法人日本家族計画協会の家族計画研究センター所長で産婦人科医の北村邦夫氏の調査(2012年)によると、約4割もの夫婦がセックスレスの範疇だ。しかも、その割合は年々増えている

年齢別には35~39歳が47%と最多、30~34歳でも36%。セックスに対して積極的になれない理由は、男性が「仕事で疲れている」(28%)、女性は「面倒くさい」(24%)が最多。「出産後何となく」は男女ともに多い。北村氏は、「これらが、“セックスレスの3大理由”」と指摘する。

セックスの意欲が失せるほど疲れる就労環境とは、どれほどのものか?前出の調査の08年版で、セックスレスと就労時間の関係を調べている。セックスレスの男性は63%が週49時間以上働いており、セックスレスでない男性の49%と有意な差があった。一般に、週60時間以上の労働は“過労死ライン”と呼ばれる、49時間は“セックスレスライン”と言えるかもしれない。

参考 AERA 2013年8月26日号

【関連する記事】