セコム→防犯用の飛行船開発

警備大手のセコムは24日、イベント会場などを上空から監視して防犯につなげる「セコム飛行船」を開発したと発表した

無人の自律飛行が可能で、防犯用にこうした飛行船が使われるのは民間では日本初という。2020年の東京五輪での使用も視野に、16年からの実用化を計画している。

飛行船は全長15メートル、最大径4メートル。ガソリンとバッテリーを動力源とし、最大速度は時速50キロで、航続時間は2時間となっている

底部には高精細カメラや熱画像カメラなどを搭載し、上空100メートルを航行しながら、地上の情報を集める。

伊藤博社長は会見で「屋外セキュリティーのニーズは高まっている。『空の目』の投入によって、安全の精度を一層高めたい」と話した。

参考 産経新聞 2014.12.24

【関連する記事】