スーチー氏、大統領に側近を擁立

(一部更新、写真追加)アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)氏(70)率いるミャンマーの与党・国民民主連盟(NLD)は10日、新大統領候補にスー・チー氏の側近で元運転手のティン・チョー(Htin Kyaw)氏(69)を擁立したスー・チー氏は、信頼のおける代役を通してミャンマーを統治する意向とみられる

ミャンマー新議会招集、スー・チー氏のNLDが与党に

NLDのキン・サン・フライン(Khin San Hlaing)下院議員は「NLDからは、ティン・チョー氏を推薦したい」と述べた。

NLDは上院でも候補を1人指名。さらに議会の4分の1を占める軍が候補1人を指名し、この3人の中から今月中に新大統領を選出する。議会はNLDが過半数を占めるため、ティン・チョー氏の大統領就任はほぼ確実とみられる。残る2候補は副大統領となる

ティン・チョー氏はスー・チー氏の学友で、同氏が設立した慈善団体の運営などを手助けしているスー・チー氏は、軍政下で起草された現行憲法下では大統領資格がないため、代役となる大統領を立てて政権を担うと明言している。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事2016.03.10
    images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】