スマホ料金→2000円以下にする方法

あなたは、スマホの通信費が高いと感じていませんか? また、「スマホは高いから」とがんばってガラケーを使い続けていませんか? サラリーマンの平均年収はこの15年間で50万円も下がっているのに、毎月スマホの通信費だけで7千円も払っているのは高すぎると思いませんか?

そこで、今回はスマホにかかる料金を、月2,000円以下にする方法を紹介したいと思います!

格安SIMカードを使おう

 スマートフォンには、SIMカードというものが入っています。端末のカバーを開けるとmicroSDみたいなモノが入っていると思いますが、それがSIMカードです。SIMカードがないと、通話もメールも何もできません。docomoで買ったスマホにはdocomoのSIMカードが、softbankで買ったスマホにはsoftbankのSIMカードが入っているんですね。

このSIMカードを、docomo、softbank、auといった会社以外のところのモノに変えるだけで、通信費を劇的に減らすことができるんです

それが、最近「格安SIM」とか「MVNO」とか言われてるモノですパソコン通信のプロバイダとしても有名なOCNやBIGLOBEなどをはじめ、さまざまな会社から格安SIMカードが販売されており、これをお手持ちのスマホに入れるだけで、通信費を下げることができます

たとえばBIGLOBEの場合だと、このようなプランがあります。
・音声通話スタートプラン……月額1,600円で高速データ通信1GBと通話ができる
・エントリープラン……月額1,800円で高速データ通信2GBと通話ができる
・ライトSプラン……月額2,405円で高速データ通信5GBと通話ができる
・ライトMプラン……月額3,738円で高速データ通信8GBと通話ができる
スタンダードプラン……月額4,690円で高速データ通信10GBと通話ができる

BIGLOBEの場合はdocomoの回線を使っているため、XiエリアとFOMAエリアで使うことができます。格安SIMの会社によって使っている回線が違うので、「うちはauの電波が入りにくい」などキャリアによって不都合がある場合は、自分が使いやすい回線に対応している格安SIMを選べばいいということになります。

 

現在お使いのスマホは、「SIMロック」がされている状態です。つまり、docomoで買ったスマホなら、docomoのSIMカード以外は使えないようになっている、という状態です。このままだと他社のSIMカードは使えないので、「SIMロック解除」をする必要があります

SIMロック解除は3,000円の手数料を支払えば、店頭で解除してもらうことが可能です

※auはSIMロック解除に対応していません。
2015年5月から携帯各社へのSIMロック解除が義務化されることが決定しています

SIMロックを解除してもらったら、どこの会社のSIMカードでも入れられるようになるため、自分で選んだ格安SIMを入れるといいでしょう

新たにスマホを買って、格安SIMを使う方法

 今現在ガラケーを使っている人や、今使っているスマホをそろそろ変えたいという人の場合は、端末も一緒に手に入れなければなりません。新たに端末を手に入れる場合は、端末とセットになった格安SIMを使うこともできます。楽天モバイルやBIGLOBEなどでも端末のセットがあります。

また、中古の端末をネット通販で購入したり、アップルストアで新品のiPhoneを買うという方法もあります。わたしが今使っているiPhone5Sはアップルストアで購入したものです。

もちろん、端末を新たに購入する場合はその端末代金がかかってくるものですが、たとえばBIGLOBEの「LG G2 mini」なら月々1,380円×24か月なので、スタートプランと合わせても2,980円で済みます。新品のiPhone6を購入して24回払いにした場合でも、月々3,300円の支払に格安SIMの利用料金をプラスして4,900円ほどに抑えることができます

このように、スマホにかかる通信費は、格安SIMを使うことによって劇的に抑えることが可能となります。もちろん、このほか通話料などはかかってきますが、それでも今までの携帯料金に比べると数千円安くすることができるのはあきらか。毎月スマホの通信費だけで1万円前後払っているという人には、格安SIMへの乗り換えがおすすめですよ

 

参考 マネーの達人 2015.01.26

【関連する記事】