スマホ一巡→今度は「ガラポ」

2つ折りで使い勝手は従来型携帯電話(ガラケー)と同じだが、スマートフォン向けのOS(基本ソフト)を搭載した端末「ガラホ」が増え始めているスマホのタッチパネル操作に馴染めないユーザーも「LINE(ライン)」などのスマホ用アプリ(応用ソフト)を使える点が売り。ガラケーは根強い人気の一方で部品調達が難しくなりつつあるため、携帯各社はユーザーにガラホへの移行を促す。

 NTTドコモは19日、第1弾の富士通「アローズF-05G」(実質約1万円)を発売する。スマホの多くで使われるOS「アンドロイド」で作動し、LINEを標準搭載。連続930時間の連続待受ができる。

2月に先陣を切ったKDDIは第2弾として、高速通信回線「LTE」の利用でネット接続を快適にしたシャープ「アクオスK」を来月売り出す。夏モデルで見送ったソフトバンクも、年内に投入する見通しだ。

参考 Sankei BiZ 2015.06.16

 

【関連する記事】