スマホ→シャッター音も無視せよ

アダルトサイトなどでクリックすると「契約完了」などと表示され、高額の料金支払いを求められる「ワンクリック詐欺昨年末ごろから、スマホを舞台に新たな手口に発展しています請求画面が表示された時に“カメラのシャッター音”が鳴るのです「写真を撮られた」と不安にさせて、業者に連絡を取らせようという悪質な狙いがあります

減らない相談件数

 ネットなどのセキュリティー対策に取り組む独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA)によると、スマホのワンクリック詐欺の相談件数は、昨年4月に88件を記録。以後、そこから高止まりが続いています。昨年12月からは、「請求画面が表示され、さらに写真を撮られてしまったようだ」という相談が寄せられています。

IPA「ウェブ閲覧だけではスマホのカメラは操れない」

 これまでも、請求画面上にお客様情報と称して、端末のOSバージョン、閲覧ブラウザの種類、IPアドレスなどを表示させて「情報を知られてしまった」と誤認させる手口はありました。今回の特徴は請求画面と一緒にシャッター音を鳴らすことで、業者に顔写真が送られたと利用者に思わせ、メールや電話で連絡を取らせようとしている点です

IPAでは「基本的にブラウザによるウェブサイト閲覧だけではスマホのカメラ機能を制御したり、撮影した写真をネットワーク経由で送信したりすることはできません利用者の操作をきっかけにブラウザ上で音楽ファイルを再生させているだけです請求画面が表示されても、業者に連絡を取らないでください」と呼びかけています

参考 with news 2015.04.08

【関連する記事】