スパコン「京」→世界第1位に返り咲き

スパコン「京」が世界ランキング1位を奪還しました。Graph500というランキングで、「グラフ探索問題」と言う具体的問題をどれぐらいのスピードで解けるかというランキングで1位に返り咲いたのです。実は、ここ数年でも「京」は、ずっと世界一のスパコンと言っても良い地位を占めていましたスパコンのランキングと言っても、様々な評価の仕方があるのですよく使われるスパコンランキングであるTop500では、TFLOPSという単位での競争になります。1秒間に浮動小数点演算をいくつできるかという競争です2015年6月のTop500では、スパコン「京」は世界第4位ですしかし、HPCチャレンジベンチマークという評価では、コンピュータの複数の特性を評価する指標になっています。先の浮動小数点演算だけでなく、巨大な連立一次方程式を解く問題や高速フーリエ変換、あるいはメモリ転送書き換えの速度といった指標をまとめたものです「京」はここ数年、連立一次方程式を解く問題やメモリ転送速度においては世界一の座を守っています実用に具される事を考えると、世界一のスパコンは「京」と言っても過言ではないのです

参考 神戸大学 森井昌克教授 2015.07.23

【関連する記事】