スズキ「イグニス」の本当の実力

 スズキが2月18日に発売した新型車「イグニス」。2015年秋の東京モーターショーで市販を前提として出品された中の1台だ。コンパクトクロスオーバーと称される独特なスタイルを持ったクルマである

■ クルマ自体のコンセプトを優先

イグニスは軽自動車以外の小型車にも大きな力を注いでいこうとするスズキの戦略を象徴するクルマだ。「アルト」の拡大版のようなフォルムと、やや高めの地上高と車高が特徴で、ボディサイズは全長3700mm×全幅1660mm×全高1595mm。スイフトよりも一つ下のクラスとなる

これぐらいのサイズのクルマだと、機械式の立体駐車場に対応するために車高を1550mm未満にとどめるケースが多いのに、スズキがそうしなかったのは興味深い。それよりもクルマ自体のコンセプトを優先したということだろう

イグニスが属するAセグメントとも呼ばれる小型車群を見渡すと、トヨタ自動車「パッソ」(ダイハツ工業「ブーン」)や日産自動車「マーチ」、三菱自動車「ミラージュ」など、ライバルはハッチバックばかり対してスズキは世界的にSUV(スポーツ多目的車)やクロスオーバーと呼ばれる車種の人気が高まっていることを受け、他社がラインナップしていないコンパクトカーとSUVを融合させたイグニスの投入によって、この分野での存在感を高めたいのだろう

イグニスはとてもスズキらしいクルマに仕上がったように思える。どこかで見たような何かを感じると思ったら「セルボ」「エスクード」「スイフト」「フロンテクーペ」など、歴代スズキ車のモチーフをところどころにあしらっているからだ。最新のスズキ車に多く見られるツートーンルーフが選べるのも、イグニスのひとつの特徴といえる

 このクルマ、どことなく不思議な感じがするのだが、中身はいたって堅実。ターゲットも、若者向けかと思いきや、「幅広い層」としている。黒と白のわかりやすいコントラストや、ボディカラーに合わせたアクセントカラーパネルをあしらうなど、シンプルながら遊び心を感じさせるインテリアも、クルマのキャラクターによく似合っている

収納スペースも充実していて使い勝手もよさそうだ。また、メーカーオプションとなるメモリーナビゲーションは、日本車としていち早く、日本でも人気の高いアップルのスマホ「iPhone」と連動して音楽や動画、地図などを操作できる“Apple CarPlay”に対応したことも特筆できる

このサイズゆえ室内空間は限られるが、それを少しでも有効に使おうと努力したことや、室内や荷室の各部のつくりも、実際の使われ方に大いに配慮していることがうかがえる。

後席の居住性や荷室の広さは、コンセプトの違いだろうが、スイフトを上回るほど。リアシートは左右独立して前後スライドが可能となっているし、荷室の広さもまずまずだ。また、サイドシルとフロアの段差が低く、ドアの内張りがあまり出っ張っていなくて、とても乗り降りしやすことにも気がつく。

■ 乗り心地は?

ドライブすると、細かい指摘もなくはないが、全体としては気になるところもなく、そつなくまとまっている。思えば最近のスズキのクルマは、例外的な車種を除いて、乗り心地に関しては特段の大きな不満を感じない

軽自動車でライバル関係にあるダイハツ工業やホンダがフットワークのよさを訴求しようとして、やや硬めの乗り心地になっているのに対しスズキはそうではない。そのあたり、とても良心的でよいと思っていたのだが、イグニスにもそれが当てはまる

排気量1.2リッターのデュアルジェットエンジンと副変速機付きCVT(無段変速機)の組み合わせによる動力性能は、同CVTの宿命といえる初期応答の鈍さは見受けられるものの、ふつうに乗るぶんには大きな不満はなく、1.2リッターという排気量の割にはよく走る印象だ

全車がモーターでエンジンをアシストして燃費を向上させる「マイルドハイブリッド」仕様となっており、スズキが軽自動車ではすでに定着した「エネチャージ」と呼んでいるものと仕組みは同じだが、軽自動車以外には、よりわかりやすい「ハイブリッド」という言葉を用いている

東洋経済オンライン 2016.03.29

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】