スクエア(Square)→取扱高4兆円規模に

米モバイル決済のスクエア(Square)が初の四半期決算を発表した。売上は市場予測を3000万ドル上回る3億7400万ドル(約425億円)を計上。市場からは好意的な見方で受け止められ、一時低迷した株価も持ち直しを見せた

スクエアの総決済ボリュームは直近の四半期で102億ドル(約1兆1600億円)。通年では356億ドル(約4兆円)に達している。一方、小規模ビジネス向けの金融部門や一時貸付け部門「スクエア・キャピタル」も今四半期で52%売上を伸ばし、2200万ドルに成長した。

同社CFOのサラ・フライアー(Sarah Friar)は記者たちに、スクエア・キャピタルは2015年度に4億ドルの貸付けを行い、そのうち1億5000万ドル近くが今四半期の実績だと説明したレストラン向けの宅配サービスCaviarも好調という

スクエア本体の利益は前年並みを予測しており、2016年はEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控 除前利益)で600万ドルから1200万ドルを見込んでいる。

スクエアは2015年11月、ニューヨーク証券取引所に一株9ドルで上場。当日の終値は13.07ドルをつけたが、その後は8ドル付近まで低迷。今回の決算発表を受けて12ドル付近まで回復した

スクエアCEOを務めるジャック・ドーシーは、彼が共同創業したツイッターのCEOも兼任中だ。ツイッターはユーザー数増加の頭打ちに直面し、ここ一年を通じ株価が下落している。同時に2つの上場企業の指揮をとる彼の手腕に注目が集まっている。Brian Solomon

Forbes JAPAN2016.03.10

  images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】