スギ苗木が不足→伐採急増

スギ丸太生産量日本一を誇る林業宮崎県・宮崎の土台が揺れている

戦後の拡大造林で植栽され成熟したスギの伐採が増大する中、跡地に植える苗木が2014年から大幅な不足に転じたことが県への取材で分かった

15年分の生産は前年比約50万本増の472万本を計画しているが、それでも24万8千本が不足する見通しだ

中国などアジア向けの輸出が好調なことに加えバイオマス燃料などの用途拡大に伴う木材需要の急増が要因

16年には苗木需要がさらに50万本以上増える予測で、生産が追いつかず未植栽地が拡大する恐れがある

参考 宮崎日日新聞 2014.12.28

【関連する記事】