シンドラー社の国内販売撤退

 スイスの昇降機大手シンドラーの日本法人、シンドラーエレベータ(東京)は5日、保守サービス事業を日本オーチス・エレベータ(東京)に売却すると発表した死亡事故を受けて近年は全くエレベーターの受注がない状態が続いており、昇降機の国内販売・保守事業から撤退する

シンドラー製のエレベーターは東京都港区や金沢市で死亡事故が相次いでいたエレベーターに続き、エスカレーターも年内に販売を終えるシンドラーエレベータには訴訟や捜査対応の人員だけが残る

時事通信2016.04.05

images-3-48-150x150images

【関連する記事】