シャープの太陽光発電技術→NEDO採択

シャープ <6753> は6月26日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」プロジェクトにおいて、「高効率バックコンタクト型太陽電池の量産技術開発」を提案し、採択されたと発表した

NEDOは、太陽光発電の大量導入社会実現のため、発電コストを2020年に14円/kWh、2030年に7円/kWhにすることを目標としている

シャープは2014年、豊田工業大学などとの産学連携により「ヘテロ接合バックコンタクト構造」を開発し従来困難であった高い電流と電圧の両立を実現していた現在、同社は同技術の実用化に向けた研究開発を進めており、NEDOでの採択に至った

同プロジェクトは、2015年度から2019年度まで実施される予定。

参考 (ZUU online 編集部) 2015.06.26

【関連する記事】