シャープ、太陽光継続へ転換

経営再建中のシャープが、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で太陽光パネル事業を継続することで鴻海と合意したことが24日、分かった鴻海の郭台銘会長は営業赤字が続く太陽光パネル事業の売却を示唆していたが、両社の相乗効果で黒字化を目指す方針に転換した

高橋興三社長とシャープ次期社長に内定している鴻海の戴正呉副総裁が、23日に従業員向け社内文書で表明。「事業撤退を行わないことを合意している。太陽光パネル事業の再建も黒字化の手応えを得ている」とし、事業の一体性維持を確認した

太陽光パネル事業は販売価格の下落などを受け、平成28年3月期の営業損益は大幅な赤字となっていた

また、鴻海が保証金としてシャープに支払った1千億円のうち約200億円を新型ディスプレー事業に投資するとした鴻海による出資金の払い込み手続きも予定通り6月末までに完了するとの見通しを示した

産経新聞2016.05.24

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】