シチズン、スイス高級時計を買収

2015年度に最高益を叩き出した国内時計メーカー大手・シチズンホールディングスはその余勢を駆ってスイス時計メーカーの買収に踏み込んだ

買収先はスイスの機械式腕時計メーカー、Frederique Constant Holding SA(以下フレデリック・コンスタント)。5月26日に同社の全株式を取得する契約を結んだことを発表した。

フレデリック・コンスタントは1988年に現CEOのピーター・スタース氏夫妻が「手の届くラグジュアリー」をコンセプトに設立した会社100年以上の歴史を持つことも珍しくないスイス時計業界としては新興メーカーに当たるが、時計を動かす中核部品であるムーブメントから一貫して自社製造しているなど、技術力には定評がある

華美な装飾を施しているものは少なく、伝統的でベーシックなデザインの腕時計が中心だ。文字盤上に小窓を開け、中の機構を見せる「ハートビート」と呼ばれるデザインを世界で初めて出したメーカーとしても知られている。

■ 価格帯は15万円から40万円が中心

同社は現在、社名と同じ「フレデリック・コンスタント」ブランドを中心に販売。価格帯は15万円から40万円程度だ。シチズン製品と比べると高価格帯のラインナップに強い。フレデリック・コンスタントは非上場で、売上高や買収金額は明らかにしていないが、日本国内では約140店舗で販売されている

買収の狙いについて、シチズンホールディングスの戸倉敏夫社長は「これまで競合他社が先行していた高価格帯において、私たちのプレゼンスを高めることができる」とコメントしている。シチズンにとって、高価格帯の強化は長年の課題だったのだ

そもそも、「市民に愛され親しまれるモノづくりをしよう」という想いから、同社の社名は英語で「市民」を表すシチズンに決まった。その名の通り、創業以来「手ごろな価格で品質の良い腕時計」を目指して時計を作ってきた。特に、1970年代にクオーツ式腕時計を発売してからはセイコーと共に国内腕時計メーカーがスイス時計を追いやるほどの躍進を遂げた

しかし、1990年代からはスイスが装飾品として機械式腕時計の価値を押し出すことで復権、同時に新興国が低価格帯のクオーツ時計を作るようになる間に挟まれたシチズンは腕時計業界における居場所を徐々に失い、2002年には赤字を計上するほどの不振に陥った

苦境に陥ったシチズンは高機能化を方針に据え、シチズンブランドの復権を図る。他社ブランドのライセンス製造から自社ブランド販売にシフトし、「エコ・ドライブ」と呼ばれるソーラー発電機能や電波とGPSを使用した時刻補正機能を軸に付加価値を向上。それにより2001年に比べて3倍近く平均単価が上昇し、業績も2015年度には2007年にホールディングス体制へ移行して以来の最高益を計上するまでに回復した

しかし、スイス時計の牙城である機械式腕時計に関しては自社ブランドのみでの展開に限界があることも事実。そこで近年進めてきたのが海外メーカーの買収だ2008年にはアメリカの中価格帯メーカーであるブローバ、2012年にはムーブメント製造に強みを持つスイスのプロサーを買収してきた

そうした流れの中、今回フレデリック・コンスタントを買収することで、ようやく念願の高価格帯スイスメーカーを手に入れることになった。今後は両社の販路や技術インフラを融通し合うことで相乗効果を生み出していくという。

■ さらに上の価格帯も狙うか

ただ、今回の買収は、高価格帯の開拓をするうえでの第一歩に過ぎない。なぜなら、スイスの高級腕時計業界にとっては、40万~50万円の時計ですらまだ「お手ごろ価格」シチズンにとって100万円以上の高級ブランドはまだまだ手薄で、開拓の余地があるからだ

とはいえ、スイスメーカーはクオーツ時計に駆逐されかかったときに大幅な再編があり、多くのブランドはすでにスウォッチグループやリシュモングループといった巨大グループの傘下に組み込まれている。また、ファミリー企業の気風を色濃く残している会社も多く、買収には独特の難しさがある。

 苦境から復活し、勢いに乗るシチズン今後は今回の買収をテコにじっくりと高価格帯市場における足場を固めつつ、さらなる買収の機会を狙うことになるだろう

渡辺 拓未

東洋経済オンライン2016.06.12

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】