サムスン株→400億ドル露と消える

2015年9月1日、前瞻網によると、韓国サムスン電子の株価が4月以降5カ月連続で下落している。1983年12月以来最長を記録しており、約400億ドル(約4兆8000億円)が「露と消えた」計算になる

8月の下げ幅は8.1%。約120億ドル(約1兆4400億円)が「蒸発」。スマートフォン(高機能携帯電話、スマホ)の新製品「Galaxy S6」と「Note5」を8月19日に上海で発表したにもかかわらず、市場の反応は今ひとつで、株価下落に歯止めはかからなかった

スマホ事業で最大のライバル、米アップルのスマホ新製品「iPhone 6S」を月内に控え、サムスンへの投資者にとって下半期は暗雲が垂れ込めている

参考 Record China 2015.09.04

 

【関連する記事】