サウジ国王→紅海に架橋計画を発表

サウジアラビアのサルマン・ビン・アブドルアジズ(Salman bin Abdel Aziz Bridge)国王(80)は8日、同国とエジプトを結ぶ橋を紅海に架ける計画を発表し、エジプトのアブデルファタハ・シシ(Abdel Fattah al-Sisi)大統領とその政権に対する支持を惜しみのない形で表明した高齢のサルマン国王は異例の5日間の日程で、エジプト訪問を行っている

ダウンロード (1)

エジプトのシシ新大統領が就任、前大統領の追放からほぼ1年

サウジアラビアはエジプト軍最高評議会議長だったシシ氏がイスラム主義者のムハンマド・モルシ(Mohamed Morsi)前大統領を追放した2013年以降、シシ氏の後ろ盾となってきた

サルマン国王はわが兄弟、シシ大統領と、両国を結ぶ橋を建設することで合意した」と発表し、「アフリカとアジアという二つの大陸を結ぶこの歴史的な一歩は、両大陸の貿易を前例のないレベルにまで増やすことになろう質的な変化だ」と述べた

一方のシシ大統領はにこやかに、この橋を「サルマン・ビン・アブドルアジズ国王橋」と命名することを提案した。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事2016.04.09

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】