コンピューター生産→中国からベトナムへ

中国メディアの第一財経日報は14日、「中国は世界最大のコンピュータ生産国であり、同時に世界最大のコンピュータ輸出国だが、サムスンが携帯電話の生産の8割を中国からベトナムに移転する可能性があると論じた。

中国機電輸出入商会の高士旺副秘書によれば、世界の8割から9割のコンピュータおよびモバイル端末が中国で生産されているが、2014年第1四半期における中国のコンピュータおよびモバイル端末の輸出量は前年同期比で7%減となった。

世界のスマートフォンのうち、Android市場で最大のシェアを獲得している韓国のサムスンは2013年、20億ドルを投資してベトナムに新工場を建設した。同工場はすでに稼働を開始しており、15年にはサムスンの携帯電話出荷台数の4割以上を生産する方針という。

今後2年から3年で、中国からベトナムへの工場移転が加速する見込み」と紹介、その理由として中国での人件費の上昇をあげた。

参考 ウーチナ 2014.05.16

【関連する記事】