ケニアが象牙15㌧焼却

– ケニアは3日、国連の「世界野生生物の日」に合わせて象牙15トンを焼却し、年内にすべての象牙を処分すると公約した象の密猟対策キャンペーンの一環

ナイロビ国立公園でウフル・ケニヤッタ大統領が着火し、公約を表明した。「象牙を経済利用しないというケニアの政策の一環だ」と大統領は述べた

サハラ以南のアフリカ地域ではここ数年、アジアの民間療法需要から、象牙や角を採取するため象やサイが殺される事例が急増している

国連と国際刑事警察機構(インターポール、ICPO)の2014年報告は、アフリカで毎年2万─2万5000頭の象が殺されていると推定している

参考 毎日新聞 2015.03.4

【関連する記事】