グーグルで最も検索された観光地

大手検索サイトのグーグルが10日に発表した観光地をテーマにしたグーグルマップ(ストリートビュー)の検索ランキングで、2014年に台湾の人々が最も多く検索した海外観光地は、日本の桜三大名所の1つ、「弘前公園」(青森)であることが分かった

ランキング上位10カ所中6カ所が日本の観光地で、4位に「道頓堀の商店街」(大阪)がランクインしているほか、6~9位には「富士山」(静岡・山梨)、美瑛・富良野間の「ジェットコースターの路」(北海道)、「北上市立公園展勝地」(岩手)、道頓堀の「とんぼりリバーウォーク」(大阪)がそれぞれ入っている

また、日本以外の観光地ではエジプトの「ギザのピラミッド」(2位)カンボジアの「アンコール・ワット」(3位)タンザニアの「ゴンベ渓流国立公園」(5位)イタリアの「ベネチア」(10位)が多く検索されていた。

参考中央社フォーカス台湾 2015.04.11

【関連する記事】