クローンマウス→少量の尿から誕生

山梨大の研究グループは少量の尿に含まれる細胞から同じ遺伝情報を持ったクローンマウスを誕生させることに成功したと発表したグループは「個体に全く傷をつけずにクローンを作れるため、絶滅危惧種の救済に役立つ可能性がある」と説明している。1日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に掲載された。

クローン動物を作るには核を抜いた卵子に対象動物の体細胞の核を注入するが、一般的には手術などで体内から取り出された細胞を使う。しかし、野生の動物などは人に慣れておらず、押さえつけるだけで死ぬこともあり、同大の若山照彦教授(発生工学)らのグループが動物から簡単に細胞を取り出す方法を探っていた

尿には卵管や精管、尿管などの細胞が含まれており、飼育しているマウスから採取し、細胞を選んで卵子に注入したところ、クローンマウスを作ることに成功そのクローンマウス同士による繁殖も確認されたという。これまで無菌状態の動物から採取した尿に含まれる細胞を増殖させてクローンを作製した例はあるが、尿から直接採取した細胞からマウスを誕生させたのは初めてという

成功率は1~3%(平均は1.3%)とやや低めだが、若山教授は「低い原因や排尿からどれくらいまでの尿が使えるのかを検討し、実用の可能性を探っていきたい」としている。【松本光樹】

毎日新聞 2016.04.02

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】