クリーンディゼルを支える三種の神器

自動車メーカーと接点を深める動きになれば商機が広がる可能性も

 独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正問題が世界に波及し、ディーゼル車需要に影を落とすクリーンディーゼルエンジンには“三種の神器”と言える技術がある

代表格がコモンレールシステム高圧にした燃料をレール(蓄圧室)内に蓄え、電子制御ユニット(ECU)でタイミング良くインジェクターから各気筒に適切に噴射する高圧化するほど燃料が微粒になり、燃え残りが減り、粒子状物質(PM)の発生を抑えるディーゼルエンジンを劇的に進化させた技術で、デンソーが世界で初めて実用化した

二つ目がターボチャージャー(過給器)や排気ガス再循環装置(EGR)などの吸排気系システムEGRは東京ラヂエーター製造やティラドが手がけ、ターボチャージャーはIHIや三菱重工業などが世界4強に入る。IHIはVW向けが最も多いとされる。

三つ目が粒子状物質除去装置(DPF)や尿素SCR(選択還元触媒)など排出ガス後処理システムユニット。DPFでは日本ガイシ、イビデンが高シェアを握る。

“三種の神器”に共通するのは日系サプライヤーが大きく貢献し、参入障壁が高い難易度の高い技術というところだ

自動車メーカーの腕の見せ所は、これらのハードウエアを最適にコントロールする電子制御技術、エンジン単体で排出ガスの発生を極限まで抑える燃焼技術にある。VWや仏ルノーなど欧州メーカーは研究を重ね、高いシステムインテグレーション力で芸術品とも言われるクリーンディーゼルエンジンを世に送り出すことを矜持としてきた。

今回の不正問題でディーゼル車の先進国での需要見通しは不透明になったが、短期的には踊り場を迎えそうだ。日系サプライヤーの生産計画にも影響を及ぼすだろう。当面は「情報収集を続けるしかない」(日本ガイシ)のが実態だが、VWの不正問題を機に、自動車メーカーが一段とサプライヤーとの接点を深める動きになれば、商機は広がるかもしれない

世界販売約9000万台弱のうちディーゼル車のシェアは1―2割とされる欧州市場では半分を占め高成長が見込まれるインド市場でも普及しつつある。ディーゼル車は世界で一定の市場を形成し続けるだろう。

参考 ニュースイッチ 2015.09.28

【関連する記事】