クリミア、観光客激減

ウクライナ南部クリミアは、先に、ロシア連邦に一方的に編入されました。

クリミアは、ヤルタなど風光明媚な保養地があり、観光客は年間約600万人。

観光収入は5800億円。

このうちウクライナ人観光客が65%。ロシア人は25%。

しかし、ウクライナ新政権は「不法に占拠された領土」として、ウクライナからの訪問を制限しており、クリミアの観光客の激減はさけられそうにありません。

逆に、ロシアは、政府をあげてクリミアへの観光を奨励しているそうです。

【関連する記事】