クリスマスディナーの平均予算は?

オンラインレストラン予約サイトの運営、ならびにレストラン向け予約管理・顧客管理ソリューションの提供を行なうオープンテーブル株式会社は、同サービスのターゲット層でもある首都圏在住の20~30代独身男女(有職者)440人に対し、2か月半後に迫ったクリスマスに対する意識調査を実施した(※実施期間10月10日~10月13日)。調査の結果、昨年よりは多少改善されているものの、今年も現段階では独身男女の過半数がクリスマスを一緒に過ごすパートナーのいない状況が明らかになった。

■パートナーなしでも4割強が「やっぱりクリスマスは恋人と」

クリスマスはやっぱり恋人と共にスイートな時を過ごしたい。その願いには変わりはないようだ。今回の調査でも、「今年のクリスマスは誰と一緒に過ごしたいですか?」に対しては65.5%の男女が「恋人」(現時点でいない場合の「希望」も含め)と回答している。現時点で恋人がいないと回答している人に限定しても、43.6%が「恋人と過ごしたい」と答えており、その希望は誰にとっても夢のシチュエーションであることは間違いないようだ

しかし、その夢とは裏腹に、厳しい現実も調査から浮かび上がっている。「あなたには現在、付き合っている恋人がいますか?」と尋ねたところ、57.3%と過半数の人が「いない」と回答している。ちなみに、昨年の同時期の調査結果では、同じ質問に対して64.5%が「いない」と回答。多少減少傾向にはあるものの、20~30代独身男女にとっては今年も依然としてクリスマスを一人で過ごす“クリぼっち”予備軍が多数見受けられる

■ディナー予算は去年から変わらず。「外食ディナー派」と「お籠もり派」は五分五分
恋人と過ごすクリスマスとなれば、やっぱり外でステキなディナーか、イルミネーションを楽しみながらショッピングか、と思いきや、意外と家でのんびりしたという「お籠もり派」も多いようだ。「今年のクリスマスはどのように過ごしたいと思いますか?」の質問には、「レストランなどの外食ディナーを楽しみたい」という回答と「自宅でのんびり過ごしたい」という回答が47.3%で同率1位という結果となった。なお、この傾向は恋人がいる人に限ってみても変わらず、「自宅でのんびり過ごしたい」派は39.5%で、「外食ディナー」派(57.7%)に次いで第2位と根強い人気を見せている

 その一因と言えそうなのが、20~30代のお財布事情だ。外食ディナーを楽しむ場合の一人あたりの予算の上限を尋ねたところ、一番多かった回答は「5,001~10,000円」で43.4%、金額で平均すると10,064円という結果になった。これは昨年の調査結果と比較しても、ほぼ変化のない数字となっている(※昨年度の調査では「5,000円~10,000円」が38.9%、平均10,783円)。

巷では、アベノミクス効果や景気回復傾向や好況感などが伝えられているが、少なくとも、20~30代の独身男女にとっては、年に一度のクリスマス・ディナーといえど、プラスの影響を与えていないようだ。しかし、男性には強いクリスマス・ディナーへの憧れがある傾向も見えてきた。「外食ディナー派」と「お籠もり派」を性別、年代で比較してみると、「外食ディナー派」のトップは20代女性(50.5%)、そして「お籠もり派」のトップも女性でこちらは30代(56.9%)。年代と共に、両者の数字が入れ替わっていくのが分かる

一方、男性は20代、30代とも「外食ディナー派」がリードしており、「お籠もり派」との差は年代と共に縮まるものの、30代でも依然「外食ディナー」リードは変わらない。女性は年齢と共に「お出かけ」から「お籠もり」へシフトするのに比べて、男性は変わらず「外でクリスマス・ディナー」への思いを強く持ち続けているようだ。

■クリスマスならではの「ちょっぴり背伸び」よりも、いつも通りに「スマホ」「口コミ」で検索・予約

そんな夢のクリスマス・ディナー、お店選びについては日常と変わらない傾向がうかがえる。「クリスマスに外食ディナーを楽しむ場合、どんなお店を選びたいですか?」に対する回答は、「個室の用意があるお店」、「特別な日にしか行かないような高級店」、「クリスマス限定メニューがあるお店」、「イルミネーションの綺麗なお店」という、特別な夜ならではのチョイスを抑えて、「インターネットの口コミで評判の良いお店」が34.8%でトップとなった。

レストラン情報サイトなどの利用が一般的となった昨今、クリスマスのお店選びもやはり「口コミ」情報を参考にするという時流を反映する結果となり、このホリデーシーズンもレストラン情報サイトの重要度は増していると考えられる。さらに、それらの情報チェック、店舗選択、予約を行う端末についての質問では、「スマートフォン」利用者が89.8%で「PC」利用者(78.8%)を上回ってトップに特に、女性では「スマートフォン」94.0%に対し、「PC」は63.8%と圧倒的にスマホ利用者が多いという傾向になっている。クリスマスの準備も、「スマホ」、「口コミ」という今どきの傾向が鮮明に現れる結果となった。

「恋人がいる人」と「いない人」の比較で見てみると、調査を行った10月中旬の時点で、そのアクションにはすでに大きな開きが生まれていることも分かった。「恋人がいる」と答えている人は、「今年のクリスマスの外食ディナーをどこにするか決めていますか?」という問いに対し、「決定していて予約済み」、「決定しているが予約はこれから」、「何店舗か候補があり検討中」、「情報収集中」と、すでになんらかのアクションを起こしている人が半数以上(52.8%)を占める結果が見えてきた。これは「恋人がいない」と答えている人(20.9%)をはるかに上回る数字で「恋人がいる人たち」は2か月以上前から、クリスマス・ディナーについての情報収集を開始していることが分かる

 なお「恋人がいる」と答えている人たちは日頃から、「月一回以上の割合でネット上で飲食店の選択、予約を行っている人」が63.6%で、「恋人がいない人」(38.2%)を大きく上回っている。また、利用するレストラン情報・予約サイトの数についても、恋人のいる・いないに限らず、多数派は「5件まで」となっているものの、「恋人がいる人」の場合には「6~15件」利用しているという強者も約5人に1人(22.2%)、これまた「恋人がいない人」の8.6%を大きく上回る数字となった

もちろん、恋人がいれば、クリスマスに限らず食事に出かける機会も増えるので、常日頃からレストラン情報にもアンテナを張っていて、情報の蓄積が増えるのは当然のことと言える。だが、裏を返せば、「恋人のいない人」にとってはその時点ですでに大きなハンディキャップがあるということ。このハンディを挽回するには、相当な準備が必要になってくると想定される。

■相手への気持ちも大事だが・・・恋人のいる人は現実的に準備を開始

また、クリスマスに向けて、「恋人がいる人」はディナーに限らず、着々と現実的な準備を進めている様子も今回の調査からうかがうことができた。「恋人同士でデートをする場合に異性が気をつけるべき、気をつけて欲しいと思うことは?」という質問に対して、「恋人のいる人」、「いない人」を比較した場合、恋人がいる人」は「ディナーの予約」、「プレゼントの準備」、「デート全体の演出」といった具体的な準備を期待されている一方、「恋人がいない人」は「自分が楽しむ気持ち」、「相手を楽しませる気持ち」といった精神的な要素の方を重視している傾向が見えてくる

これも、クリスマスに向けたレストラン予約のアクションで「恋人のいる人」がリードしているのと同様、パートナーがいる人にとってみれば、相手を楽しませるのはもはや当たり前で、必然と具体的な準備を進めていると考えられる。しかし、こうした「恋人のいる人たち」の行動パターンをちょっと学んでみることで、悲願の“クリぼっち脱出”を実現する鍵も見つけられるのではないだろうか。

つまり、様々な情報を集め、スマートに演出できるように一つ一つ段取りをしていく。そして、そのために早い段階からアクションを取る。こうした行動が「自分や相手が楽しむ」、ひいては「ステキなクリスマス」のために必要だと考えられる。

参考 @DIME 2014.12.15

【関連する記事】