クサイ男のNG生活習慣4つ

今年も暑い夏がやってきました。この時期になると外の気温は上昇し、汗をかく場面も多くなってくるかと思います。そんな時、気になってしまうのが自分の体臭。出来るだけ相手には不快な匂いを与えたくないものですが、もし私達の普段行っている生活習慣が自身の体臭を悪化させてしまっているとしたら……。

そこで今回、テレビや週刊誌等で活躍する美人女医である山下真理子先生に“クサイ男のNG生活習慣”を4つ伺いました。

■1:シャワー

体を洗う際、1人暮らしだったり、時間のない時はシャワーだけで済ます事もあるかと思います。しかし体臭予防において湯船に浸かるという事は非常に重要ですなぜなら入浴は角質層に水分を浸透させ、毛穴に詰まった皮脂を汗で洗い流す事ができるからです。匂いの原因となる老廃物を出すためにも、なるべくお湯に浸かることをオススメします」

■2:食生活が偏っている

「肉食やジャンクフードなどは、脂分を多く含んでいます。特にジャンクフードはビタミンやミネラルなどの体の代謝を良くするための成分がほとんどありませんそれらを多く取り過ぎると、汗に含まれる脂質の量も増え、体臭はより強くなってしまうのです。和食などバランスの取れた食生活を心がけましょう

■3:ムダ毛処理をしていない

「汗をかいた時、特に気になるのがワキ。男性の場合はムダ毛の処理を行わない方も多いと思いますが、ワキの下は蒸れやすい場所です。ワキ毛が増えると通気性を妨げ、匂いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。なのでワキ毛は適度に剃ってサラッとした状態を保つのが好ましいです

■4:部屋が汚い

部屋の換気を行わないまま、食べ残しを放置したり、タバコの煙を充満させるなどすると、それらの匂いが服に染み付く場合があります部屋を綺麗にすると同時に、毎日10分くらいでもいいので部屋の窓を開放し空気を入れ替えましょう

いかがでしたでしょうか? 体臭を完全に消すことは難しいですが、それぞれの方法によって軽減させることは可能です。今一度、日々の生活習慣を見直し、清潔感のある生活を送っていきましょう。

参考 nikkan Care.ism  2015.06.08

 

【関連する記事】