ギリシャ預金流出ペース→3倍に

ギリシャの銀行から15─17日間に約20億ユーロの預金が流出したことが18日、銀行関係者の話で明らかになった

14日にはギリシャと債権団との協議が決裂。これを受け、銀行預金の1日の流出ペースそれまでの2億─3億ユーロから約3倍に拡大した

4月末時点のギリシャの銀行の預金総額は1336億ユーロ。15─17日の流出額はこの約1.5%に相当する。

ギリシャ中央銀行報道官はこの件に関するコメントを控えた。中銀は26日に銀行預金残高に関する月次統計を発表する。

中銀の17日の発表によると、前年10月から今年4月までの間に

ギリシャの銀行から約300億ユーロ(338億4000万ドル)の預金が流出している

参考 ロイター 2015.06.19

【関連する記事】