ギリシャ→サムライ債の返済期限迫る

財政危機に陥っているギリシャが、かつて日本の投資家向けに円建てで発行した国債「サムライ債」の償還(返済)期限が、14日に迫っている

返済が滞れば、ギリシャに対する信用が一段と失われ、金融市場に悪影響を及ぼす恐れがある

ギリシャのサムライ債のうち、返済が終わっていないのは、1995~96年に発行された約581億円分だ。国内の証券会社やファンド、個人投資家らが保有しているとみられる

このうち14日に返済期限が来るのは、95年に発行された約117億円分だ。1億2000万円分を保有する東京都内の公益財団法人は、「ギリシャの対応を見守りながら、期限を待つしかない」と気をもむ。

 残りのサムライ債も来年12月までに順次、返済期限を迎える

参考 読売新聞 2015.07.13

【関連する記事】