カミソリ負けの痕が赤くなる理由

カミソリ負けの痕に、ニキビのような赤いブツブツできたことはありませんか?これは「尋常性毛瘡」というもので、一度できるとなかなか治らない厄介な症状です。そこで今回は、尋常性毛瘡ができるメカニズムや予防方法をご紹介していきます。

カミソリ負けをしたところに、赤いブツブツができた経験はありませんか?これは、「尋常性毛瘡(じんじょうせいもうそう)」というもの

カミソリ負けは、髭剃りの際に、皮膚の表面まで削り取ってしまうことで起こりますが、このとき、傷口から「ブドウ球菌」などの菌が侵入すると、炎症を起こして、ニキビのような赤い湿疹ができてしまうのです

炎症が治まっていないのに、そのまま、毎日髭を剃り続けていると、細菌がどんどん繁殖し、湿疹が治まらないどころか、化膿してしまうこともあります

また、湿疹や化膿を繰り返し起こしていると、色素が沈着したり、皮膚が肥厚したりすることもあります

症状がなかなか治まらないときは、そのままにせずに、皮膚科を受診しましょう。

尋常性毛瘡を予防するためには髭剃りに際に、肌を傷つけないことが大切です

そこでここからは、肌にやさしい髭の剃り方をご紹介していきましょう。

(1)いきなり髭を剃らずに、まずは、肌と髭にぬるま湯などで十分に水分を与え、髭をやわらかくしましょう。時間に余裕があるなら、お湯に浸したタオルで、肌や髭を温めるのもオススメです。

(2)肌の滑りを良くするために、シェービング剤をつけます

(3)髭はほとんどの場合、上から下に向かって生えているので、毛の流れに沿って順反りしていきます。このとき、剃る回数が多いほど、肌を傷つけやすくなるので、なるべく1回のストロークを大きくするのがポイントです

(4)ひと通り剃り終わったら、もう一度シェービング剤をつけ直し、剃り残した部分だけ逆剃りをします。ただし、逆剃りは肌への負担が大きいので、カミソリ負けしやすい人は、できるだけ逆剃りの回数を抑えましょう

(5)髭剃りが終わったら、冷水で洗顔し、肌を清潔にしたあと、保湿化粧水と乳液でしっかりと保湿をします。保湿化粧水の代わりに、アフターシェーブローションを使うという手段もありますが、アルコール(エタノール)やメントールが入っているアフターシェーブローションは、刺激が強く、肌を乾燥させやすいので、注意しましょう

日常生活で気をつけたいこと

尋常性毛瘡は肌が乾燥していたり、免疫力が低下していたりするときに起こりがちです髭剃りの後だけでなく、洗顔や入浴をしたあとは、必ず保湿ケアをする習慣を持ちましょう。また、睡眠不足は免疫力を低下させる原因になるので、しっかりと睡眠時間を確保することも大切です

参考 健康ダィエット 2015.01.06

【関連する記事】