カビによって米国でヘビが減っている?

交通網の発達により、現在は多くの人々がさまざまな国へ短時間で移動できるようになりましたしかしながら、人間の意図しないところでさまざまな生物が、交通機関に「タダ乗り」「相乗り」をして、「招かれざる客(生物)も外来種」として来るようになってきています(※)。日本で「外来種問題」としてニュースになるのは、日本にとっての外来種がほとんどですが、今回はアメリカにおける外来種問題を紹介します。その外来種とは、目に見えない小さなカビです。後述しますが、この話は「対岸の火事」ではありません。

【連載】終わりなき外来種の侵入との闘い

「ヘビカビ症」とは?

 近年アメリカでは、「ヘビカビ症」(原文ではSnake Fungal Disease、筆者和訳)が流行しています。アメリカ東部のフロリダからニューハンプシャー、そしてアーカンソーやミネソタでも発見されています。この病気は、真菌(カビ)の1種(Ophidiomyces ophiodiicolaが原因と考えられている)がヘビに感染することで、最悪の場合死にいたるものです

さらに、このヘビカビ症の恐ろしいところは、さまざまなヘビに感染が認められる点です。キタミズベヘビ(Nerodia sipedon)、ヒガシレーサー(Coluber constrictor)、ラットスネーク(Pantherophis obsoletus species complex)、ミルクヘビ(Lampropeltis triangulum)、ガラガラヘビ類(Crotalus horridus、Sistrurus catenatus、Sistrurus miliarius)と複数のヘビ種から感染報告があります。人間でも、イヌやコウモリなどの動物から病気をうつされることがありますが、種を超えて感染するというのは対策を考える側からするとやっかいです

 写真のように、感染したヘビ類は皮膚炎を引き起こします。写真のヒガシラットスネークでは、ヘビカビ症の菌糸が目の中まで(ヘビ類は透明の鱗に目が覆われており、まぶたはない)侵入し、目が真っ白になっています。キタオミズベヘビでは、炎症が体中に認められます

ペットトレードや観光地化が原因?

 このヘビの病気は、2006年以降から報告が増加しており、2013年4月にはついにアメリカの国立野生動物保護センター(National Wildlife Health Center、筆者訳)が警鐘を鳴らしました

いったいこの病気が「いつ」「どこから」「どのように」もたらされたのかはよく分かっていません。しかしながら、アメリカでも日本と同じようにヘビをはじめ「エキゾチックアニマル」がペットとして一定の需要があります。ペットトレードによって、世界中のヘビが輸出入され、ヘビカビ症がもたらされた可能性が考えられます

また、エコツーリズムの流行によって、人間が自然環境の中によく行き来するようになったり、自然のそばに街ができたりすることによって、その自然環境にはなかったヘビカビ症がもたらされた可能性もあります。いずれにせよ、人類活動がヘビカビ症を蔓延させてしまった可能性が高いようです

ガラガラヘビは壊滅的なダメージ

 一体全体、このヘビカビ症によって、ヘビがどのくらいのダメージを受けて、どのくらいの数が減少しているのかは、まだ分かっていません。多くのヘビ類では野生の個体数調査などが行われていないからです。また、そもそもヘビ類は隠遁性の高い生き物なので調査をするにしても難しいということもあります。しかしながら、例外的に個体数の変動を調べられていたニューハンプシャー州のシンリンガラガラヘビ(Crotalus horridus)では、ヘビカビ症によって2006年のたった1年間に50%も減少したことが報告されています

ヘビカビ症は「対岸の火事」ではない?

 日本は、世界有数のペット大国で、爬虫類だけでも年間30万匹が世界中から輸入されています(2011年、環境省)。その中には、冒頭で紹介したヘビカビ症に感染例のあるヘビ種も含まれています日本にヘビカビ症が入ってくる可能性も、逆に日本発のヘビカビ症を世界中にばらまいている可能性も捨てきれません

では、ヘビが減るとどういった悪影響が出るのでしょうか? 先のシンリンガラガラヘビのように、個体数の調査が定期的になされているヘビでさえ、その減少による生態系への影響はよく分かっていません。それは、前述したようにヘビは生態的な調査が難しい動物であるからです。しかしながら、世界中にいる3500種のヘビは例外なく捕食者です。ヘビがいなくなれば、それまでヘビによって捕食されていた動物が増えてしまうでしょう。特に多くのヘビ類はネズミなどを補食します。ネズミが増えれば、農作物への被害が拡大したり、感染症が蔓延したりするかもしれません

ヘビカビ症の恐ろしさは、もしかしたら「生態系の中での役割は大きいと考えられるが、その実体がまだつかめていないヘビをどんどん死なせていること」なのかもしれません。ヘビが減少して起こるであろう悪影響は、我々の科学ではまだ解明が難しいのです

コウモリでは鼻が真っ白になり死ぬ

 このような野生動物に対する新興感染症は、ヘビ類だけの話ではありません。世界で猛威をふるう「カエルツボカビ症」は、日本でも10年ほど前に報道され話題になりました日本で飼われていたペットの外国産のカエルで発症の初報告が2006年にあったのです。しかし、その後の研究で、「カエルツボカビ」については日本ではどうやら在来のもので、日本産のカエル類には害がなさそうだという報告がされ、国内の騒動は収束しました

とはいえ、世界での脅威はまだ続いています。また、イモリ・サンショウウオの仲間に、カエルツボカビと同様に猛威をふるう「イモリツボカビ症」 が、2014年にヨーロッパで発見されています(詳しくはこちら(https://thepage.jp/detail/20160105-00000005-wordleaf))。

 アメリカでは、ヘビカビ症のほかにカビが原因でコウモリに死をもたらす「コウモリ白鼻症」(原文ではWhite-nose Syndrome、筆者和訳)も問題視されています水辺で昆虫類の捕食者として重要な役割を果たすカエル。同じく、蚊のような昆虫類の捕食者として重要な役割を果たすコウモリカエルがいなくなれば、例えば水田は虫だらけになり農作物に多大な被害が出ると言われていますコウモリがいなくなれば蚊やハエが増え、今度は人間の感染症が蔓延するかもしれないと考えられています

このようにさまざまな動物種で、その動物にとっての感染症が蔓延し、野生動物種が次々と減っていけば、地球の生態系に大きな悪影響を与えることは説明するまでもありません。新興感染症問題はもはや人類だけの問題ではないことをあらためて考えていかなければなりません。そして、繰り返しになりますが、何かの動物が絶滅して起こる悪影響を、我々の現代科学ではまだまだ解明できていないことも多く予測しきれないのです

(※)外来種問題の事例については、THE PAGE連載 「終わりなき外来種の侵入との闘い」(https://thepage.jp/series/212/#page=1)(国立環境研究所 五箇公一先生 執筆)に詳しい記事があります。

◎日本科学未来館 科学コミュニケーター 大渕希郷(おおぶち・まさと)
THE PAGE 2016.03.31

   images-3-48-150x150images

【関連する記事】