エボラ熱→死者4000人突破

世界保健機関(WHO)は10日、西アフリカで発生したエボラ出血熱の死者が、疑い例を含め8日までに計4033人、感染者が8399人に達したと発表した
リベリアを中心に感染拡大ペースが衰えず、死者数はほぼ1カ月で倍増した。
エボラ熱は、アフリカ以外での人から人への感染では初めて、スペインで女性看護スタッフの発症が確認された。感染国は8日までに計7カ国に上っている。
国別の死者は、リベリアが2316人と全体の約6割を占め、深刻な状況が続いている。シエラレオネは930人、ギニア778人、ナイジェリア8人。米国は、リベリアから入国し感染が確認された男性が米国初の死亡例となった。
医療関係者の犠牲も増えており、計416人が感染し、233人が死亡した

参考 時事=通信 2014.10.11

【関連する記事】