インホイールモーター電気自動車

NTNは2016年4月11日、新開発のインホイールモーターシステムを搭載する改造電気自動車(コンバートEV)を三重県と同県桑名市に貸与すると発表した同年5月26~27日に三重県志摩市で開催される「伊勢志摩サミット」応援の一環となる

【新開発インホイールモーターシステムの構造などその他の画像】

同社はこれまで独自開発したインホイールモーターシステムを搭載するコンバートEVを自治体などに貸与して実証実験を行ってきた。その中で課題となっていたのが、インホイールモーターシステム搭載時にベース車両のサスペンションの仕様変更が必要なことだった

新開発のインホイールモーターシステムは平行軸歯車式減速機と外輪回転ハブを組み合わせることで、従来品からのさらなる小型/軽量化を実現した。また、車輪軸に対してモーター軸をオフセットする構造によって、インホイールモーター部分の厚みを削り、ホイール幅に収めることに成功したこれにより、課題となっていたサスペンションの仕様変更は不要になった転舵構造なども変更する必要がないので、コンバートEVの開発時におけるコスト削減や期間短縮が期待できるとしている

新システムを搭載するコンバートEVの外形寸法は全長3775×全幅1680×全高1590mmで、インホイールモーターは前輪2輪に組み込まれている。最大出力は1輪当たり30kWで合計60kW。最高速度は時速126km。リチウムイオン電池パックの容量は16.5kWhである。

このコンバートEVは三重県に3台、桑名市に2台貸与され、伊勢志摩サミットのPRを兼ねて、三重県と桑名市の公用車として利用される。車両の外装には、ジオラマアーティストの田村映二氏によるデザインが施されている。デザインのコンセプトは「エコで次世代につなぐ地球-NTN製品と合体させた未来の街」で、三重県をイメージしているという

MONOist2016.04.12

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】