イラン経済制裁→老朽旅客機

イランに対する経済制裁の解除が決まり、各国で高まっていた対イランビジネスへの関心が一気に噴き出した。その一例が、制裁下で極端に老朽化し、過去30年間で数千人が事故の犠牲になった航空機市場

ロシアは他国を出し抜き、早くも航空機の売り込みを始めている売ろうとしているのは91年のソ連崩壊以降、ロシアが初めて開発したジェット旅客機「スホーイ・スーパージェット100」。ロシアのマクシム・ソコロフ運輸大臣は、記者団に対して両国間で販売交渉が進んでいることを認めた。

 世界の航空機メーカーにとっても無視できないチャンスだイランは400機の旅客機を買うために200億ドルの予算を用意しているという最近の報告もある。「特に大手のエアバスやボーイングにとっては、まとまった数の旅客機を販売できるチャンスだ」と、航空コンサルタントのアダム・ピラースキはブルームバーグに語った。

 ただ欧米の航空大手は乗り遅れ気味。「イランに対する制裁解除はまだ決まっただけで実施段階ではない。ルールに則ってどうビジネスを展開できるか見極めていく」と、エアバスは声明を出した。ロシアのフライングには苦々しい思いだろう。

部品も、闇市場で「海賊版」を入手

 経済制裁のおかげで、イランの航空機事情は惨憺たるもの新型旅客機の導入は急務だ。ドイツの航空情報サイト「プレインスポッターズ・ネット」によると、イランの旅客機の平均年齢は27年で、70年代に製造されたモデルも残っている。その後の経済制裁で、新型機を購入するのが困難になったからだ部品も、闇市場で「海賊版」を買ってくる有様だった

旅客機の老朽化は、重大事故にもつながっている。BBCによれば、過去25年間イランでは200回以上の航空事故が発生し、2000人以上が死亡している。昨年首都テヘラン近郊で発生した航空機事故でも、乗客40人が死亡した。

イランでは、『運を天に任せて』飛行機に乗るしかなかった」と、世界でも著名な航空安全コンサルタントのクリス・イエーツは言う「新型機の購入はイランの最優先事項になるはずだ」

参考 ニューズウィーク 2015.07.17

【関連する記事】