イプシロン 14日打ち上げへ

予定時刻の直前になって打ち上げを中止した新型の国産ロケット、イプシロンについて、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、次の打ち上げ日を今月14日とすることを決めました。

12年ぶりに開発された新型の国産ロケット、イプシロンは先月27日に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定でしたが、ロケットの姿勢に異常を示すデータが誤って検知されたため、打ち上げは直前になって中止されました。
このためJAXAは問題の原因究明を進めたうえで対策を図り、8日、改めてリハーサルを行って打ち上げまでの手順を点検しました。その結果、問題はないことが確認されたとして、JAXAはイプシロンの打ち上げを今月14日の午後2時前後に行うことを決めました。
JAXAは「今後、天候なども見極め、打ち上げに向けた準備を慎重に進めていきたい」と話しています。

 

 

NHK  NEWSWEBより

【関連する記事】