イスラム教徒が驚く→日本の光景

日本人はケータイをいじりすぎ?

来日したイスラム教徒が驚くのは、まず、信号が青になるまでじっと待っている日本人の生真面目さだ交通量が多い昼間ならともかく、クルマがほとんど走っていない真夜中であっても、信号を順守する

その様子を見たイスラムの人々は、「どうしてなんだ? 」と一様に首をかしげる

また、電車やエレベーターに乗り込む際に、割り込みをしない日本人の姿にもびっくりさせられるようだ。日本人は行儀がいいのである。

あるいは街並みの清潔さにも驚く。とくに銀座や丸の内、原宿あたりのメインストリートにはゴミ一つ落ちていないこうした清潔さは、イスラム圏の人々だけでなく、アジア諸国からのツーリストたちにも共通する日本に対する評価である。多少の息苦しさを感じることはあっても、総じて印象はいいはずだ

よく話題になるといえばなんといっても夏場の若い女性たちのファッションだろう

とくに、女性がアバーヤ(ガウン)やヒジャーブ(スカーフ)などで顔やボディラインを隠している国々の男たちから見ればまるで「裸で街を歩いている」というふうに映るらしい。このあたりは欧米も同じなわけで、文化の違いと言うしかない

また、彼らが一様に「ここがヘンだよ」と指摘するのは、電車の中の光景である。

メールのやり取り、ゲーム、映画鑑賞などと目的はさまざまであっても、下手をすると向かいのシートに座っている乗客の全員がケータイをいじっていることがある

あるいは喫茶店やレストランで向き合って座っているのに会話を交わさず、メールで言葉のやり取りをしているカップルもいる。これはやはり奇異に映るようだ。

 イスラム圏でも携帯電話は普及している必要な時にはもちろんメールのやり取りもしているが、基本はあくまでも会話の道具としてのケータイだ。駅のホームでも街頭でも、彼らはケータイで大声でしゃべっている。面と向かって座っているのにメールで会話するなどということはまずあり得ない

電車内の静けさは「異様」

電車の中の静けさも異様に映るようだ。

 混雑した電車の中であっても、聞こえてくるのは車掌のアナウンスと車両の奏でる機械音くらい一部の主婦や若者を除いては、皆、押し黙っている

 もともと自己主張の強い人々が多いイスラム圏ではアナウンスの声がかき消されるくらいに大声で会話しているのが普通で日本の電車内の静けさが不思議に感じられるようだ

知人のあるアラブ人の男性から、「日本の女の子は化粧は上手だが、怖い! 」と言われたことがあった

どこが怖いのかといろいろ質問してみると、どうやら怖さの理由はその表情の乏しさにあるようだった。これは、私が海外から帰国して電車やバスに乗ったときにもよく感じることだが、確かに日本人の表情が能面のような印象を受けることがある

そのアラブ人が日本で混雑した電車に乗ったとき、持っているバッグが若い女性の身体のどこかに触れてしまったすると、その能面のような表情で、無言のまま「キッ! 」と睨みつけられてしまったそのときの顔が怖かったというのである

電車の中でケータイをいじっている人は総じて無表情である。表情を動かさずに誰かと文字で会話している。

極端な言い方かもしれないが、ケータイメールの普及は、日本人から生の会話を奪い、表情の豊かさを奪っているのではないか……。

アラブ人と話をしていて、ふと、そんなことを感じたのだった。

参考 プレジデント 2015.06.22

【関連する記事】