アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎とは

花粉やハウスダストなどのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が目の表面に付着することで、結膜が炎症を起こす病気です。原因となるアレルゲンはさまざまで、どれにより発症するかは体質により異なります。もちろん、アレルギー反応が起こらない人もいます。代表的なアレルゲンには花粉、ハウスダスト、動物の毛、カビ、コンタクトレンズの汚れなどがあります

アレルギー性結膜炎は花粉症のようにある時期だけに起こる「季節性アレルギー性結膜炎」と、季節を問わず年間を通して症状が現れる「通年性アレルギー性結膜炎」に分けられます。また、子どもに多い「春季カタル」や、コンタクトレンズを使っている方によく見られる「巨大乳頭結膜炎」も、アレルギー性結膜炎に属します。

※春季カタルについて、詳しくは『重症のアレルギー性結膜炎「春季カタル」とは』を、巨大乳頭結膜炎については『コンタクトレンズと結膜炎の関係』をご覧ください。

主な症状とその原因

目のかゆみや充血、ゴロゴロとした異物感、涙、目やになどが主な症状です。目やには、水のようにサラサラとしているのが特徴です。また、まぶたの裏にブツブツができることもあります。

このような症状は、アレルゲンに対するアレルギー反応が起こることで現れます。アレルギー反応が起こると、肥満細胞からヒスタミンなどの物質が分泌され、これらの物質が目の神経や毛細血管などを刺激します。これにより、かゆみや充血などの炎症が引き起こされるのです

特定の物質によりアレルギー反応が起こる人と起こらない人がいるのは、人により免疫反応に差があるためです。免疫反応とは、体内に入ってくる異物を排除しようとする体の働きです。本来、花粉などは異物と認識されなくなっているのですが、体質によってはこれを異物と判断してしまい、免疫反応が過剰に働いてしまいます。この過剰な免疫反応が、アレルギー反応なのです

予防対策

アレルギー性結膜炎を予防するにはアレルゲンとなる物質にできるだけ触れないことが大切です。花粉により反応が出てしまう人であれば、外出時にメガネやマスクなどを装着する、花粉情報をチェックして花粉が多い日は外出を控える、帰宅したら手洗いとうがいを徹底するなどの対策が有効です

ハウスダストが原因であれば、部屋をこまめに掃除する、布団は天日干ししてダニなどの発生を防ぐ、空気清浄機を活用するなどの対策を心がけるといいでしょう。

また、アルコールはアレルギーを悪化させるといわれているので、飲酒はできるだけ控えましょう。睡眠をしっかり取って疲れやストレスを緩和させる、バランスのよい食生活を心がけるなど、生活習慣の見直しも大切です

アレルギー性結膜炎になってしまった時の注意点

目がかゆいと、つい指先でゴシゴシかいてしまう、という方も多いでしょう。しかし、それでは目を傷つけたり、ウイルス性結膜炎になるリスクを高めてしまいます。目がかゆい時は、冷たいタオルや保冷剤などで冷やすことをおすすめします。また、目薬を使う前は、できるだけ人工涙液などでアレルゲンを洗い流しましょう。ただし、防腐剤が入っているものは避けてください。水道水での洗眼も、塩素による刺激を受けることがあるので、できるだけ控えましょう。

アレルギー性結膜炎の場合にもっとも大切なのは、自分のアレルゲンが何かを知ることです「アレルギー性結膜炎かも?」と思ったら、早めに眼科専門医を受診しましょう。スクラッチテストや血液検査、涙液を調べることで簡単に診断できるので、検査を受けてアレルゲンを特定することをおすすめします。それに合った適切な対処を行うことで、症状の緩和が期待できます。季節性のものであれば、その季節が来る前の処置で、症状をより緩和することも可能なので、ぜひ専門医に相談してください。

ヘルスケア大学2015.08.13

images-3-48-150x150images

【関連する記事】