アナタは冷え性に悩んでいませんか?

各地を寒波が襲い、朝晩の冷え込みが厳しくなる中、日本ナットウキナーゼ協会は、血栓予防月間(2015年1月20日~2月19日)に伴い、冬期の冷えによる「ドロドロ血」が招く体の不調や冷えについて全国の20代~50代の女性600名を対象にアンケート調査を実施いたしました。
ここでは常に女性の冬場のお悩みにランクインする『冷え』と、その改善方法についてご紹介します

◆冬場の女性のお悩みはやっぱりコレ!7割以上が『冷え』と回答!
今回の調査により、1年を通して“冬”に体調不良を感じる人が最も多く、冬場の一番の悩みは『冷え』であることが明らかとなりました
全国の20~50代の600名の女性に調査したところ、89.0%の女性が『冷え性』であると回答。また、『冷え性』だと認識している年数については、5年以上が20.8%、10年以上との回答が39.5%と半数以上が長年『冷え性』に悩む『万年冷子』であることが判明しました

◆みんながしている『冷え』対策ってどんなのがあるの?
『冷え』対策方法については「洋服の厚着」や「電気毛布や湯たんぽを使用」、「暖房器具などのそばを離れない」、「しょうがやシナモンなど体が温まるものを積極的に摂取する」など比較的、一時的な対策になりがちな傾向が見られました
年代別に細かく分析したところ、若年層では着圧ソックスの使用やセルフマッサージを行う女性も多く、最近は自宅で簡単にできる『冷え性』対策をご自分で実践している女性も増えてきていることが予測されます
また、40代以降の女性ではサプリメントの活用や運動を心掛ける女性の数も高くなり、体の内側と外側からの体質改善を気にしている方が増えていると推測されます

◆『冷え性』を克服した女性が行っていることは?
一方で、『冷え性』と感じたことはないと回答した女性や、『冷え性』だったが今は克服したと回答する女性に『冷え性』にならないための対策を聞いたところ、ウォーキングやラジオ体操など体を動かすことを意識しているとの回答や筋力を上げてから『冷え』が気にならなくなったとの回答が多く伺えました
また、体を温める食べ物を多くとるように心がけている方や冷たいものはなるべくとらないなど食事にも気を遣っている方が多くいました。

◆『冷え性』改善のための方法とは?
まずは足のマッサージを実行するべし!
日本ゾーンセラピー協会の大谷由紀子氏によると、冷え症で悩んでいる方の多くは、事務職などで座りっぱなしや、立ちっぱなしなど、ふくらはぎの筋肉をきちんとつかえていないケースが多いとのこと
改善する方法として効果的なのが足のマッサージです。お風呂に入って体が温まっているときに、石鹸などを使ってすべらせながら刺激してあげると疲労回復などにも効果があります。
まず、左足から、そのあと同様に右足もマッサージします。足首あたりを片手でつかみそのまま膝の方向にすべらせながら流します。次は、両手を使ってふくらはぎの後ろの筋肉を真ん中から割るようにひざの後ろに向かって流します。
ひざのうしろのくぼみには、リンパ節のツボもありますので、ひざの後ろを刺激してあげます。後は、下から上に痛気持ちいいぐらいの刺激で全体的に下に溜まった体液が心臓に帰れるようにしてあげます。
また、日常生活のなかでも、呼吸を意識することも大切です。呼吸をきちんとすることにより、血液のなかの酸素を増やし流れやすくしたり、ストレスを軽減したり、自律神経のバランスを整えたりすることができます

●体を温め血液をサラサラにする食べ物を!
もうひとつ大切なのは、食べ物です。特に冷え症の場合、体を温める成分も大切ですし、血液を流れやすくするためのサラサラ成分もとても重要です。
赤ワインのポリフェノール、生姜、ココア、緑茶、青魚の油や海藻類など有名なものは多数ありますが、最近では市販の漢方などを使う方も増えているようです
また冷えとナットウキナーゼという組み合わせもとてもいいといわれています。フルーツ酵素などは話題になっていますが、納豆に含まれる酵素のナットウキナーゼを体に取り入れることにより、血液をサラサラにすることができます
また、ナットウキナーゼはサプリメントなどでも手軽に摂取でき、毎日の習慣にも取り入れやすいと思います。一時的な対策以外にも、マッサージやサプリメントなどの習慣を続け、外側からも内側から血流を改善し、冷えを克服していきましょう

▼【日本ナットウキナーゼ協会について】
ナットウキナーゼ、ビタミンK2(メナキノン-7)、ナットウ菌(Bacillussubtilisnatto)など、納豆由来の機能物質の科学的情報と原料としての品質・安全性など、国民の健康上、必要・正確な情報をもって消費者への広報啓蒙を目的とした団体。

参考 Mocosuku編集部 2015.01.24

【関連する記事】