アジア投資銀行→7カ国見送り

中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の創設メンバー57カ国は29日午前、北京の人民大会堂で設立協定の署名式を開いた。ただ、中国との領有権問題を抱えるフィリピンを含む7カ国は代表が出席したものの、同日の署名を見送った。理由は説明していない。AIIBは年内の設立、業務開始に向けて準備を加速。中国は、署名しなかった国との調整を急ぐ

署名式には、AIIBの設立を主導する中国の楼継偉財政相ら創設メンバー国の閣僚らが出席。このうちタイ、マレーシア、フィリピン、デンマーク、ポーランド、クウェート、南アフリカの7カ国は署名を見送った。中国は「今日署名しなかった国も、年末までには国内手続きを経て署名する」としている

AIIBの資本金は1000億ドル(約12兆3000億円)で、中国が最大の約300億ドルを出資する見込み。初代総裁には、中国の金立群元財政次官が有力視されている中国の議決権比率は26.06%。増資など重要案件の議決には「75%以上の賛成が必要」との条項が盛り込まれており、中国が事実上の拒否権を持つことになる。本部に理事が常駐して運営を監督する世界銀行やアジア開発銀行(ADB)などとは異なり、加盟国から選出した12人で構成する理事会を設置するものの、本部を置く北京には常駐しない方針

AIIBは、アジアなどへのインフラ整備資金の融資を目的に、2013年10月に中国の習近平国家主席が設立を提唱14年10月に設立を合意した際の参加国は中国や東南アジアなど21カ国だった。しかし、今年3月に先進7カ国(G7)の一角である英国が参加を表明したのをきっかけに、欧州諸国に加えて韓国やブラジル、南アフリカなどが参加を決め、参加国は57カ国に拡大した。一方、日米は参加を見送っている

参考 毎日新聞 2015.06.29

【関連する記事】