もしかしたら→糖尿病かもしれない

最近、夜中のトイレが急に増えたり、疲れがなかなか抜けないと感じる方。もしかしたら、それ糖尿病の前兆かもしれません
自覚症状がないまま進行する」と言われるこの病気。糖尿病の専門家の見解に基づいた「LittleThings.com」ライターPhil Mutz氏の記事は、初期症状に注目しています。体が発するサインを見逃さないこと!

01.結構食べているはず。なのに、体重は減るいっぽう

知らないうちに体重が落ちていく」なんて、夢のような話ですが、じつはこれが危険なサイン。ダイエットもしていないのに、ひと月ふた月のうちに4~5kgも体重が減ったりしたら、体のどこかにトラブルを抱えている証拠かも。「糖尿病および消化器腎臓病研究所(NIDDK)」のAndrew Bremer医師は「食べても痩せる一方ならば注意が必要」と指摘します。
糖尿病により血糖値レベルが上昇すると、いくらたべても細胞はブドウ糖を摂取することができなくなる。すると、必然的に体に蓄積しておいたエネルギーの消費にかかり、「結果的に体重減につながる」んだそう

02.かすみ目、疲れ目?視界がぼやける

「血液中のブドウ糖値が異常に上昇してくると、レンズ機能を果たす眼球がゆがんでしまい、目に入ってくる光が屈折するのです」。かすみ目や視界がぼやけて見える原因のひとつには、「糖尿病の影響が考えられる」と、眼科医のCollazo Clavell博士は警鐘を鳴らしています。このぼやけ目が慢性的に続くようなときは、2型糖尿病の疑いあり

03.擦り傷や切り傷がいつまでたっても治らない

糖尿病にかかると、圧倒的に傷の治りが遅くなります。医療サイト「WebMD」にはこんな記述も。「高血糖は時間が経つにつれて血流に影響を及ぼし、傷の癒えを遅らせる。さらには、神経組織を傷つけることにもなりかねない」。
傷口が回復するのに必要な血流が不足してしまうと、治癒力が圧倒的に低下します。いつまでも切り傷から血が出続けるなど、普段と違った症状が現れたなら、医師の診察を受けるべきかもしれません

04.食べたばかりなのに・・・すぐまた空腹感に襲われる

糖尿病の典型的な症状のひとつが、慢性的な空腹感です。米バーミンガム総合糖尿病クリニックのFernando Ovalle医師は言います。「インスリンが体内で上手く機能しない場合、筋肉や脂肪、その他の組織器官も機能低下を引き起こします」。
その働きをカバーするように活発になるのがすい臓。しかし、ここに問題点があるのです。体内は高インスリンレベルへと推移し、結果的に脳が常に空腹と感じてしまう原因となるからだそう

05.慢性的な疲労感でぐったり

体が十分なインスリンを生成できないと、あなたはエネルギー切れを起こしてしまいます。つまり、いつでも疲労感を抱え、疲れが溜まりやすい体質へと変わってしまっているのです
疲労感は糖尿病だけでなく、ガンや甲状腺機能低下症、貧血、鬱病などの徴候も考えられるサイン。疲れは大病の原因である可能性を否定できません。

06.正座の後のような痺れを足先に感じる

足に痺れや痛みを感じるのは、単に血行不良ということもありますが、同時に糖尿病の疑いもあり。「一般的に、痺れは足先から始まり、徐々に上半身へと移行していくのです」。ここでもOvalle医師は、早期発見の必要性を訴えます。
こうした末端の麻痺は、糖尿病による神経損傷が原因となることが多いから。足の痺れや痛みは、糖尿病患者さらには糖尿病予備軍が抱える典型的な症状です危険なサインは足先からと覚えておくといいでしょう

07.夜中のトイレ、何回め?起きる回数増えた気が・・・

度々、トイレに立つような人には、糖尿病の疑いがあります。4ヶ月前は1回だけだった夜中のおしっこが、今では3回に増えている。Bremer医師によれば、こういう人は用心が必要血糖値の増加を引き起こす場合、体はそれを排除するべく、必然的に排尿が増えるんだそう。糖尿病の人には、頻尿がサインとして見られるということ

08.喉が乾いて仕方ない

これは頻尿にも紐づくことですが、糖尿病を患うと、とかく喉の渇きを訴えるように。トイレの回数が増えることもあり、水分を必要以上に欲するようです
飲めば飲むほど、トイレに行きたい。おしっこが出るからまた飲んでしまう。糖尿病による、負の循環がこの際限ない喉の渇きにもあるようです

09.カサカサ、かゆみいつの頃からか敏感肌?

乾燥や肌のかゆみに悩むようならば、医者に糖尿病の可能性を聞いてみるといいかもしれません。また、これ以外にも「首筋や脇の下の肌の黒ずみも糖尿病の疑いあり」とClavell博士。
こうした皮膚のトラブルは、血糖値が低下している可能性もしくは、過度な排尿による脱水が原因と考えられるから。

10.男性も感染するカンジタ症

一見、糖尿病とのつながりなど、なさそうなカンジタ感染症ですが、重大な徴候のひとつと考えられます。これは女性だけではありません
カンジタ感染はブドウ糖を触媒とし、暖かく湿った皮膚にどんどんと感染拡大を始めます。感染場所のほとんどは性器ですが、他にも乳房の下、指と指の間など女性の多くが一度は感染を経験するものですが、安易に考えてはいけません

★★骨粗鬆症の原因ともいわれますカルシウム不足には、バランスのとれた吸収率の高いカルシウム・マグネシウム・カリウムなどのミネラルが必要です。

この重要なミネラルは、沖縄与那国島産天然化石サンゴミネラル「ドナン・DONAN」に74種もバランスよく豊富に含まれております。

特にカルシウムは「ドナン」1㌘に390mgと牛乳2本分を含んででおります。また、高血圧・糖尿病・などを予防するにも極めて効果的です。

donan2

ご注文は、総環ストアーへ、または、096-364-5028

 

参考 ネタりか 2015.09.23

【関連する記事】